デイサービスへの転職を考えている看護師へ!役割・仕事内容、1日の流れを徹底解説

デイサービス 看護師デイサービス 看護師

デイサービスへの転職を考えている看護師へ!役割・仕事内容、1日の流れを徹底解説

デイサービスは、医療機関以外の職場を探されている看護師さんや、ワークライフバランスを重視したい看護師さんにはおススメの職場の一つです

治療の場ではないため、比較的医療処置が少なく、利用者さんと密なコミュニケーションが取れます。

利用者さんの生活を支援できるというメリットはもちろんのこと、残業時間が少ないことや施設によっては土日祝日にお休みが取れるということもあり、家庭との両立や趣味・プライベートの時間を重視される看護師さんにも働きやすい職場といえます。

しかし、ワークライフバランスが確保できるからと言って、幸せな看護師生活が必ずしも送れるとは言い切れません。

デイサービスに向いている看護師、向いていない看護師がいるからです。

また、デイサービスの配置体制は原則として看護師は1名のみとされています。

そこで今回は、デイサービスで働く看護師の役割・仕事内容、価値観別の向き不向き、1日の流れを解説します。

転職を考えれている方は、この記事を参考に転職後の働き方をイメージして検討してください。

1 デイサービスの看護師の7つの役割・仕事内容~病院との比較~

デイサービスでの看護師の役割は、介護士が行えない医療処置の介助や、バイタルサインのチェックを行うことがメインの役割になります。

主な役割を病院と比較して列挙すると以下の通りです。

デイサービスで働く看護師の7つの役割

利用者さんの健康チェック:バイタルサインの測定は介護士が行う
入浴介助:介護士がいるため、入浴介助を行うケースは少ない
薬管理:基本的に分包は行わなず、チェックのみ
体調が悪いという方の対応:緊急時は医師がいないので、家族と相談し救急車を呼ぶ
インスリン注射:看護師1名なのでセルフチェックが多い
爪切り:看護師が爪切りを行う
介護士のサポート:レクリエーションのサポートや移動の介助も行う

それぞれについて、病院勤務時に行っていることとの比較形式で見ていきましょう。

1-1 【病院勤務との比較①】バイタルサインの測定は介護士が行う

病院ではバイタルサインの測定は看護師が行いますが、デイサービスでは介護士や助手が測定した数字を確認し、異常があれば看護師自身で行います。

デイサービスの看護師の仕事内容は、測定されたバイタルサインに異常がないかの確認になります。

1-2 【病院勤務との比較②】入浴介助を行うケースは少ない

病院では看護師が入浴介助を行いますが、デイサービスでは介護士や助手が行ってくれます。

そのため、看護師は「転倒のリスクのある方」のサポートや、褥瘡や傷のある方の創傷処置、血圧変動の高い方の入浴後のバイタルチェックが主な仕事内容になります。

入浴させることを業務にするケースは少ないでしょう。

1-3 【病院勤務との比較③】薬は分包は行わない

病院では内服薬は看護師が分包、内服まで行いますが、デイサービスでは自身で内服薬を持ってきているため、看護師が分包を行う必要はなく、飲めているかの確認が仕事内容になります。

1-4 【病院勤務との比較④】緊急時は医師がいないので、救急車を呼ぶ

病院では急変時などは医師に指示を仰いで処置に当たりますが、デイサービスでは医師がいないため、一次処置は看護師になります。

しかしながら、基本的には家族に相談して、救急車の対応となります。

1-5 【病院勤務との比較⑥】インスリン注射はセルフチェックになる

インスリン注射は病院同様看護師が行います。

但しダブルチェックが難しいので、看護師自身が行うセルフチェックあるいは、ご本人様との確認になります。

1-6 【病院勤務との比較⑤】看護師が爪切りを行う

病院では爪切りをほとんど行うことはないと思いますが、爪切りは医療処置になるため、デイサービスでは爪が伸びている方は看護師が爪切りを行います。

1-7 【病院勤務との比較⑦】レクリエーションのサポートや移動の介助も行う

病院ではほとんど行うことはないと思いますが、デイサービスではレクリエーションのサポートや移動の介助を介護士と同様実施することが多いです。

1-1~1-6までの仕事の合間にレクリエーションを一緒に行ったり、話し相手になったりと、利用者さんが求めていることを介護職と一緒に行う、ということが仕事であると理解しておくとよいでしょう。

2 価値観別のデイサービス向き不向き

デイサービスで働きたいと考えている看護師の中にも、デイサービスに向いている方と向いていない方がいらっしゃいます。

それは、人間性というよりも看護師としての価値観が大部分を占めていると言えます。

価値観別にデイサービスに向いている方、向いていない方をまとめると、以下のようになります。

デイサービス 向き不向き

それぞれ詳細を解説していきます。

2-1 ワークライフバランス重視ならおすすめ

デイサービスはワークライフバランスを保って働くことができます。主な理由は以下の通りです。

  • 利用者さんが16時過ぎには皆帰宅するから
  • カルテから情報収集する業務がないから
  • 病院と比べて看護師が直接利用者さんのケアに入ることが少ないから

デイサービスは利用者さんが滞在しているのがおおよそ9時~16時前後のところが多く、定時の時間まで利用者さんが残っているということは早々ありません。

そのため、残業をするということはほとんどないと考えても良いでしょう。

カルテを見て利用者さんの情報を収集するということもないため、始業ぎりぎりに出社しても仕事への影響は少ないです。

従って、ワークライフバランスを重視したいという看護師にはおすすめです。

夜勤もなく、日曜祝日はお休み、正月やお盆などカレンダー通りに休みをもらえるところがほとんどです。

特に子育て中で子どもがまだ小さく、子どもとの時間を大切にしたいと考える看護師には働きやすい職場と言えるでしょう。

また、病院と比較して看護師が直接利用者さんのケアにはいることは少ないです。

利用される方も要介護度5までとはいえ、通所できることが条件ですので、ADLが比較的保たれている方が多いのも実情です。

実際に平成30年度に審査された通所介護に通われている方の要介護区分を見てみると要介護1と要介護2で全体の67%を占めていますので、重労働は少ないと言えます。

体力的にも療養環境で働くことが辛いという方にもお勧めできます。(参照:厚生労働省 平成 29 年度 介護給付費等実態調査の概況

2-2 介護にも興味があるならおすすめ

介護の現場に興味があるならば、通所介護で働くことはもちろんおすすめしたいものです。主な理由は以下の通りです。

  • 介護の実情を知ることができる
  • 介護のキーワードである地域連携を学ぶことができる
  • 将来のケアマネージャー資格取得にもプラス

通所介護は自宅で生活されている方の姿を間近で見られるため、介護の実情だけでなく、地域との連携なども学ぶことができます。

そのため、介護に興味があるという方だけでなく、訪問看護の分野に興味がある、将来ケアマネジャーの資格取得を視野に入れているという方にもおすすめです。

実際、通所介護だけではありませんが介護の職場に関心をもって業務をしているという方は、実は非常に少なく、やや関心があるという方とあまり関心がないという方の割合はほとんど同じです。

介護の仕事に興味がないけれど、さまざまな事情で介護の職場に従事しているという方もいるのですから、介護に興味があるという看護師なら職場側も大歓迎してくれるのではないでしょうか。

2-3 高齢者と話していることが楽しいと感じるならおすすめ

通所介護では当たり前ですが高齢者しかいません。高齢者と話していることが楽しいと感じる方や高齢者が好きな方にはおすすめの職場です。主な理由は以下の通りです。

  • ご家族がお見舞いに来ることはなく、高齢者とじっくり接することができる
  • 医療業務が少なく、高齢者とじっくりかかわることができる

また、病院のように家族がお見舞いに来るということもないので、毎日関わる方は高齢者のみと考えて間違いありません。

特に病院では忙しく、高齢者と話すことが好きであってもゆっくりかかわる時間が十分に取れなかったという方も多いと思います。

高齢者とゆっくりかかわりながら働けるというところは通所介護の醍醐味ともいえるでしょう。

2-4 専門職としてのスキルを伸ばしたいならやめたほうが良い

ケアマネジャーなどの介護分野のスキルを伸ばしたいという方はともかく、看護の分野で看護師という専門職としてのスキルを伸ばしたいという方は、スキルを伸ばせる環境がないため、働くことはおすすめできません。主な理由は以下の通りです。

  • 毎日同じような業務の繰り返し
  • 状態の安定した利用者さんがほとんどで急変のリスクが少ない

毎日同じような業務の繰り返しで、新しい業務に従事するということはほとんどありません。

また、通所介護は状態としても非常に安定している方が多いため、急変のリスクも非常に少ないと言えるからです。

先ほどご紹介したように通所介護でメインに働く職種は介護職であり、看護職は介護職ができない医療行為でサポートするという考え方が強いと言えます。

2-5 年収が下がるので、給料重視ならやめたほうが良い

デイサービスは病院と比較すると基本給は高めに設定されているところが多いのですが、夜勤がありません。

残業もほとんどなく、日曜祝日の出勤もないので手当もほとんど付かず、月給や年収は病院で働いていた時よりもはるかに下がります。

目安としては、年収50万円ほど下がると思って良いでしょう。

給料を重視している方にはデイサービスでの勤務はおすすめできません。

2-6 医療機関での経験が浅いかたにもおすすめできない

先ほどもお話ししたようにデイサービスで看護師が行う医療処置は少なく、毎日同じ業務の繰り返しです。

しかしながら、状態が安定しているとはいえ、いろいろな医療処置を受けながら生活されている方々ですので、利用者さんに看護職が施す医療処置は多岐にわたり、その人の個別性や病院のやり方によって同じ医療処置でもやり方が大きく異なることがあります。

そのため、広く浅くさまざまな医療処置のやり方を知っていることが必要になります。

また、急変の可能性が少ないとはいえ、ゼロではありません。急変したら看護師しか対応できません。

デイサービスで働ける看護師の人数は少ないため力を合わせて急変対応をしなければなりませんが、急変の対応をしたことがない、知識が浅いとなると対応が不十分となってしまいます。

医療機関での経験が短くあまり医療処置をしたことのない方や、高齢者の看護をしたことがないという方にはおすすめできません。

3 デイサービスで働く看護師の1日の流れ

それでは、デイサービスで看護師が働いた場合、どのような仕事をするのか、1日の流れを見ていきましょう。

まずは、午前中のスケジュール例です。
デイサービス 看護師 1日の流れ(午前中)
次に午後のスケジュール例です。
デイサービス 看護師 1日の流れ(午後)

4 転職を考えているのであれば事前に確認すべき項目

最後に、デイサービスへ転職していることを考えている方に事前に確認していただきたい項目をまとめましたのでご紹介します。

4-1 条件面以外にも介護サービスのサポートの程度を確認する

条件は自分の希望しているものと合致しているか、しっかりとチェックしておきましょう。

特に給料面や休みの有無、福利厚生などは確認しておくべきです。

看護職が少ない職場ですので、施設によっては看護職の立場が弱いというところもあるようです。入職の際に条件をしっかりとチェックして後々トラブルにならないようにしておきたいものです。

4-2 介護の仕事をどの程度やるのか確認する

看護師がどの程度介護の仕事を手伝わなければならないか確認しておきましょう。

近年、デイサービスの利用者さんは増えている一方、従事する介護職が不足しているため、トイレ介助や食事介助、入浴介助等の手伝いをせざるを得ない場合もあるようです。

特に力仕事が苦手、体力的に辛い、という方は看護師がどの程度介護の仕事に入らなければならないかも確認しておくことをおすすめします。

また、念のため、看護師が送迎をするか否かも確認することをおすすめします。

4-3 事前に施設見学は可能か確認する

ネット上や紙面上で施設について調べたとしてもやはり百聞は一見に如かずです。

施設を実際に見ることで実際に思い描いていたものと違った、または思っていたよりも良かったということもあるかもしれません。

特に、職員の雰囲気や人間関係は見学してみなければわかりません。

施設見学をさせてもらえるかどうかもチェックしておきたい項目のひとつです。

4-4 看護師の配置体制を確認する

看護師はどのくらい配置するのかはぜひ知っておきたいものです。

正社員と非常勤の割合や看護師の平均年齢も、もし知れるなら知っておきたい情報です。

看護師の配置体制は、制度上原則施設の中に正社員1人いればよいとされているからです。

配置人数を知ることで看護職一人当たりの仕事への不安が想定できますし、平均年齢を知ることで、自分が馴染めるかも知ることができるでしょう。

5 まとめ

看護師の仕事の中でもワークライフバランスが叶いやすい職場であるデイサービス。

しかしながら、働きやすいからという理由で転職を考えず、自分のライフスタイルやキャリアプランなどをイメージしたうえで転職を検討されることをおすすめします。

介護の現場は医療の現場よりも施設ごとに特色があります。実際に見学をして、イメージを掴んでから転職に踏み切られるのも良いでしょう。

看護師の資格を生かして働くのですから、やりがいをもって楽しく働ける職場をぜひ見つけてみてください。

訪問看護をやってみたい。やりたい看護がある。そう思う人こそリカバリーに来てほしい。

「自分の大切な人を看るように、利用者様やご家族と関わる」

訪問看護ステーション リカバリーは、創業からこの思いを持ち、
利用者様やご家族にとって「もうひとりの温かい家族」のような存在として、
在宅での療養生活をお手伝いさせていただいています。

「あなたが来てくれると安心する」
「おうちで過ごせてよかった」

1人でも多くの利用者様の「家に帰りたい」という思いを叶えるため、
「もうひとりの温かい家族」という思いに共感してくれる看護師の方、
わたしたちと一緒に働きませんか?