保健師になるには大学を目指すほうが絶対に良いと思う理由

保健師_大学保健師_大学

保健師になるには大学を目指すほうが絶対に良いと思う理由

保健師になるにはどうすれば良いのか。。

答えは、看護師国家試験と保健師国家試験の両方に合格することです。

この合格までの道のりはいくつかのルートがあります。

そして、このルート選びが将来保健師になった後のあなたのキャリアや年収に大きく影響してきます。

そこで、将来保健師としてのキャリアや年収まで考えた最適ルートをこの記事では解説していきます。

将来、自分が納得して地域を中心に保健活動を行う保健師として働けるよう、保健師を志す方全員に是非読んで欲しいと思います。

1 保健師の資格取得の全ルート

保健師資格を取得するための全ルートは以下の通りです。

保健師のなり方_フローチャート

保健師を目指す人がまず知っておきたいのが、保健師資格を取得するには看護師資格が必要という事実です(参照:厚生労働省 保健師国家試験の施行)。保健師は、看護師のように患者さんに対して直接的なケアを行うわけではありません。しかしながら、地域の住民に対する保健活動は、看護にも通じるものです。

看護師資格の取得方法にはさまざまなルートがあり、それにともなって保健師のルートも分かれます。ここでは、保健師になるための3つのルートについて説明します。

1-1   4年制大学の看護系学部へ入学

保健師資格を取得するのに最もスムーズなのが、4年制大学の看護系学部へ入学することです。

現在、多くの看護系学部のある大学では、看護師に加えて保健師の養成カリキュラムを用意しています。保健師コースのある大学で学べば、卒業時に看護師と保健師の両方の国家試験の受験資格を得ることが可能です。試験に同時に合格すれば、看護師と保健師の資格を一度に取得することができるでしょう。

ただ、少数ではありますが、大学によっては看護師養成のカリキュラムのみで、保健師コースがないところもあります。このような場合は、大学卒業とともに看護師資格を取得した後、保健師の養成学校へ1年通う必要があります。

1-2 看護系短大へ入学

一般に、短大卒業に必要な年数は2年ですが、看護系をはじめ医療系短大は3年の通学が必要です。看護系の短大へ入学した場合、3年間通学した後、卒業時に国家試験の合格を経て、看護師資格を取得します。

その後、保健師養成学校1年通うか保健師コースのある4年制大学の3年次に編入します。大学に編入する場合、短大の履修科目は互換できるので、教養科目や保健師に必要な科目のみを受講します。

1-3   看護系の専門学校へ入学

看護系の専門学校から保健師の資格取得の流れは、看護系短大の入学パターンと同じです。専門学校を3年間通学した後、卒業時に国家試験の合格を経て、看護師資格を取得します。

その後、保健師養成学校へ1年通うか保健師コースのある4年制大学の3年次に編入します。短大卒業生と同様、専門学校の履修科目は互換できるので、教養科目や保健師に必要な科目のみを受講します。

なお、看護系専門学校の中には、看護師資格と保健師資格の両方を取得できるところもあります(4年制)

 

保健師の資格取得のルート
保健師資格取得には看護師資格取得が必要。
看護師資格取得から考えると、4年制大学の看護系学部、看護系短大、看護系の専門学校の3つがあり、4年制大学の看護系学部が最も保健師資格取得までスムーズ

2 とにかくお勧めの4年制大学ルート

保健師の資格でお勧めのルートが、4年制大学の看護系学部に入学することです。とにかくお勧めするのには大きく2つの理由があるからです。

2-1 看護師とダブル受験できるから

4年制の大学は卒業年度ににダブル受験が可能です。
保健師資格取得までの最短ルートであり、かつ、看護と同時に学ぶことで相乗効果が期待できます。

看護師の養成カリキュラムの中には、地域看護学など公衆衛生の基礎となる科目や実習も含まれています。何より、保健師は地域で活動する看護職です。保健師として働く際には、健康な人だけでなく、医療機関のケアが必要な住民に対応することもしばしばです。看護師の養成カリキュラムを通して、疾患や必要な治療・ケアなど幅広く学ぶことができます。これらの知識は、保健師の活動でも必須となるでしょう。

2-2 就職活動で勝つために履歴書で差をつけたいから

地域差はあれど、保健師は就職難です。保健師資格取得後の就職活動を見据えると、履歴書で差をつけれるルートを選ぶべきです。

近年、医療システムの高度化にともなって看護職の高学歴化が進んでいます。ひと昔前までは短大や専門学校で学んだ看護師が多くを占めていました。最近は、専門看護師など大学院卒の看護師も増えており、看護職の高学歴化は今後もさらに進んでいくと考えられます。

この流れは保健師も例外ではありません。特に、保健師の募集は看護師と比べて圧倒的に少なく、競争率が高いのが特徴です。規模の小さい自治体になると、数年保健師の募集をしていないところも多くみられます。(参照:日本看護協会 平成30年度 厚生労働省 保健指導支援事業

地域で働く行政保健師、企業で働く産業保健師、学校に配属される学校保健師など働く場所による差はあるものの、内定を得ることはハードルが高いといえます。  

就職試験で応募者の履歴書を見たときに、大卒の方が良い印象を与える傾向が年々高まっています。就職の内定を勝ち取るには、学歴だけが全てではありませんが、学歴がプラスになることは間違いありません。

上記の理由から、保健師として働きたい人は、4年制大学の看護系学部に入学して、看護師資格と保健師資格とダブル取得を目指すとよいでしょう。

 

保健師の資格取得お勧めルート ~まとめ~
看護師とのダブル受験ができる最短ルートであり、保健師としての就職活動時に履歴書で差をつけられる4年制大学の看護系学部が最もお勧め!

3 就職試験を有利に進めるために知っておきたい大学の選び方

大学は偏差値で選びましょう。偏差値60以上、学力に自身が無い方でも偏差値55以上の大学に入っておくことをお勧めします。

保健師の約70%は行政保健師として働きます。つまり、保健師資格を取得したうえで公務員試験を突破しなければなりません。

この公務員試験がおよそ倍率5倍と5人に1人しか合格できないのです。そのため、レベルの高い大学へいき、レベルの高い同級生とともに切磋琢磨できる環境に身を置くことが大事です。

また、就職試験は学歴がすべてではなく、応募者の動機や性格などもチェックされるのが確かです。一方で、同じレベルの応募者が2人いたら、出身校がよりレベルの高い方が有利になる可能性があります。

保健師を目指すために大学へ入学するのなら、偏差値60以上の大学を目指しましょう。

4 保健師になるルートごとの学費

保健師になるルートを選ぶにあたって、費用について気になる人もいるでしょう。一番のおすすめは4年制大学ルートの中でも公立の大学です。
ここでは、それぞれのルートでかかる費用の概算について説明します。 

学校種別学費
大学(公立)約250万円
大学(私立)約450~700万円
短大(公立)約400万円
短大(私立)約400万円
専門学校(公立)約60万円
専門学校(私立)約250万
保健師養成学校約100~200万

 上記の表は概算ですが、4年制大学で看護師と保健師のダブル受験をする場合、国公立では250万円私立では450~700かかります。

短大卒業後に大学へ編入する場合は、入学金と2年分の学費がかかります。
公立か私立かでも学費は大きく異なりますが、短大3年+大学2年の計5年の学費は、520万~850万円かかります。
一方、短大卒業後に保健師養成学校へ通う場合は、合計で500~600万円の費用が必要です。

専門学校の費用は、公立か私立かによって学費に大きな差があります。
専門学校から大学編入まですべて公立であれば200万円すべて私立であれば400~600万円程度の費用が必要です。
また、専門学校から保健師養成学校へ行く場合は、160~450万円かかります。

5 就職活動を成功に導く在学中の勉強

大学名だけにこだわるだけでなく、在学中に優秀な成績を収めることも大切です上位2割を目指しましょう。資格取得後の就職試験で勝ち残る必要があるからです。

大学入学後に注意したいのが、気が緩んでバイトや部活に精を出してしまうことです。大学時代に肝心の学業がおろそかになる学生も少なくありません。

筆者は、4年制の看護系大学出身で、保健師コースに定員は設けられていませんでした(助産師コースは選抜試験ありの定員制)。そのため、とりあえずほぼ全員、保健師の養成カリキュラムを履修していた覚えがあります。

その中で保健師の就職を希望して、新卒で内定を勝ち取ったのは、どの子も成績優秀者ばかりでした。中には、かなり内気な性格で「保健師として働けるのだろうか」という子も、成績が良かったためか、ばっちり内定を掴んでいました。

入学後も授業への出席率を維持する、試験でも良い点を取るなど目標をしっかり立てて、高い成績をキープするように努めましょう。

6 保健師国家資格の合格率

保健師養成カリキュラムのある大学や学校へ入学するときに、重視したいのが国家試験の合格率です。

令和2年の保健師国家試験の合格率は、新卒者が91.5%です。大学によっては、100%を叩き出しているところもあります。
(参照:
厚生労働省 第106回保健師国家試験、第103回助産師国家試験及び第109回看護師国家試験の合格発表

一般に、コメディカルの国家試験はそれほど難易度が高いわけではありません。特に、看護師国家試験では、多少ひねりの効いた問題もみかけますが、保健師国家試験ではあまりみられません。医療職を希望する人は、勉強熱心な人も多く、きちんと試験対策をすれば合格することが可能です。

4年制大学へ行く場合、看護師と保健師のダブル受験する人も多いのも事実。中には助産師も合わせたトリプル受験もあるでしょう。複数の受験となると、試験範囲の広い看護師国家試験に力を入れ過ぎてしまう人も多くいます。

筆者の場合、国家試験前は保健師国家試験のポイントをまとめた薄い本と過去問だけで対策しました。保健師国家試験は関連法規の問題が多く、毎年、問題傾向が大きく変わることはありません。最低限の対策だけでも、余裕で合格を勝ち取ることができるはずです。

7 保健師を志望する人が知りたいQ&A

保健師のなり方やポイントが分かったところで、疑問がある人もいるでしょう。ここでは、保健師を目指す人からよく聞かれる質問に対して、回答をまとめました。

Q1社会人からも保健師になれますか?
A社会人になってからも保健師になることができます。

前述したように、保健師資格は、看護師資格の取得とセットです。保健師養成カリキュラムのある大学の看護系学部に入学するか、看護系の短大や専門学校を卒業して看護師資格を取得後に、保健師養成所に1年間通う必要があります。いずれのケースでも、保健師の資格取得までには4年間の修学が必要です

Q2臨床経験積んでる看護師から保健師になる方法は?
Aすでに看護師資格を取得済みなので、保健師資格のみの取得を目指す必要があります。
すでに看護師資格を取得済みなので、師養成所に1年通うことで保健師の資格取得が可能です。ただ、保健師養成学校のカリキュラムの多くは全日制です。昼間に看護師として働きながら、夜に学校へ通うことはできません。保健師養成学校では、朝から夕まで授業や実習があるので、学費だけでなく生活費の工面も必要です。
Q3保健師の通信教育はある?
A保健師養成学校では、通信制教育はありません。

看護師資格の場合、ルートによっては通信教育によるカリキュラムの履修な一方、保健師養成学校では、通信制教育はありません。地域を中心に活動する保健師は、実習ありきのカリキュラムとなっているためです。

8 まとめ

保健師として働くためには、保健師国家試験に合格する必要があります。国家試験の受験資格は、看護師資格取得または取得見込みが前提です。保健師になるには、いくつかのルートがあるので、費用や将来性を比較しつつ、自分にぴったりの道を選んでくださいね。

訪問看護をやってみたい。やりたい看護がある。そう思う人こそリカバリーに来てほしい。

「自分の大切な人を看るように、利用者様やご家族と関わる」

訪問看護ステーション リカバリーは、創業からこの思いを持ち、
利用者様やご家族にとって「もうひとりの温かい家族」のような存在として、
在宅での療養生活をお手伝いさせていただいています。

「あなたが来てくれると安心する」
「おうちで過ごせてよかった」

1人でも多くの利用者様の「家に帰りたい」という思いを叶えるため、
「もうひとりの温かい家族」という思いに共感してくれる看護師の方、
わたしたちと一緒に働きませんか?