誰でも書ける!3つのポイントを抑えて作る看護師の自己PRの最も簡単な作り方

自己PRの簡単な書き方自己PRの簡単な書き方

誰でも書ける!3つのポイントを抑えて作る看護師の自己PRの最も簡単な作り方

転職しよう!と思い立ったときに必ず必要となるのが履歴書や職務経歴書といった応募書類です。これらの書類の中には往々にして「自己PR」という欄が設けられており、おそらく多くの人が書き上げるのに時間を割く項目であるのではないでしょうか。
「自己PRの書き方が分からない」「そもそも自己PRできるほど経験や実績がないかも」と不安に感じることがあるかもしれませんが、自己PRは面接でも質問される場合が多いため、しっかりと準備しておきたいものです。

自己PRの作成の仕方は、一般の方でも、看護師でも基本は同じです!
今回は、就職氷河期で多くの書類選考を経験し、プロに何度も添削指南を受けた著者が、これまでの経験を元に、誰でも3つの要点を抑えて簡単に作れる自己PRの書き方をまとめました。

1 自己PRは3つの要点を盛り込んで作成する

自己PRとは、自分の経験、スキル、強み、応募先で活躍できる期待感を含む内容で「私を採用するとこんなメリットがありますよ」と端的に自分のウリをアピールすることを言います。

自己PRとは
自分の経験、スキル、強み、応募先で活躍できる期待感を含む内容で「私を採用するとこんなメリットがありますよ」と端的に自分のウリをアピールすること

一見難しそうではありますが、自己PRはたった3つの要点を盛り込むだけで作成ができます。

簡単に作れる自己PRで盛り込むべき3つの要点

  1. 人から評価された・結果が出たエピソード
  2. エピソードの結果が得られた理由=強み
  3. 強みを活かしてやりたいこと

    あまり難しく考えすぎず、自分らしさを伝えていける文章を作成しましょう!まずは、こちらの自己PR文章をご覧ください。この2つの自己PRは誰でも簡単に作れる自己PR作成法が使われています。

    自己PR例

    3つの要点が分かる自己PR例

    では、この3つの要点を盛り込む際のポイントについて解説していきます。

    1-1 要点1:人から評価された・結果が出たエピソード

    最も自己PRが作成がしやすいネタは「第三者から褒められたエピソード」「努力や工夫をして結果が出て評価された経験」といったものです。なぜなら、第三者からの評価はあなたのリアルな評価となり、信頼のおける情報となるほか、長所が何であるかを伝えやすいからです。そのため、自己PR作成で行き詰まったら、まずはこれらのポジティブな経験思い出すことをおすすめします。内容は、仕事のことプライベートのことでもOK。ただし、仕事でのエピソードのほうが、働いている時の自分をイメージしてもらいやすいと言えます。

    (例)病棟勤務から小児科クリニックへ転職したいAさんの場合:
    退院時に患者さんとご家族からも「●●さんがいてくれてよかった」と言っていただけた

    (例)外来勤務から訪問看護ステーションに転職したいBさんの場合:
    学生時代からバスケットボールをしており、今でも社会人チームに参加をしてメンバーをまとめており「君がいないとチームがまとまらないよ」と言われたことがある

    数字を盛り込むと説得力が増す
    上記のエピソードは定性的ですが、もし数字で表せるような結果があれば、数字を盛り込んだ成果を書き出しましょう。自己PRの情報の説得力が増します。

    1-2 要点2:エピソードの結果が得られた理由=強み

    上記で書いたエピソードの結果や他者から評価を受けた際に、自分のどういった側面(性格、スキル、努力、工夫など)を活かすことができたからその結果が得られたのかを考えます。なぜなら、良い結果をもたらしたあなた自身の特徴と行動こそが、強みでありPRポイントになるからです。

    例えば、先に挙げた「病棟勤務の際、担当した患者さんが退院するときに御礼の手紙をもらった」というエピソードであれば、御礼の手紙をもらうほど患者さんに感謝されていたということは、きっと患者さんと接するときに「声掛けのタイミングを工夫していた」「その人がしてほしいことを自分なりに考えて行動していた」など気をつけていたことがあるはずです。

    また、社会人バスケットボールが趣味の人の例で言えば、スケジュール調整スキルがあり、リーダーシップがあることで、メンバーからそうした言葉をもらうことができたのだと言えます。こうして実体験に基づくエピソードから逆算して自身の特性を振り返るとリアリティのあるPRポイントが見えてくるはずです。

    1-2-1 「コミュニケーション能力」と「真面目さ」は抽象的なアピールにならないように工夫を

    「コミュニケーション能力」や「真面目さ」といったキーワードは、アピールポイントとして抽象的になりやすいため、独自のエピソードで具体的にどんなことが得意なのかをアピールしましょう。例えば、傾聴スキル、関係者と連絡調整ができるスキル、患者さんに治療内容を分かりやすく伝えられるスキル等がありますが、全て総称してコミュニケーション能力と言うこともできます。また、真面目さであれば、1つのことをやり抜く真面目さなのか、言われたことを守りきる真面目さなのか…人によってコミュニケーション能力も、真面目さの定義もさまざまであることを知った上で、自分がどんな人間であるかを伝えられるようにエピソードを盛り込みましょう。

    抽象的になりがちなアピールポイントは独自エピソードで具体化しよう
    アピールポイントとして抽象的になりやすい「コミュニケーション能力」や「真面目さ」といったキーワードは、独自のエピソードで具体的にどんなことが得意なのかをアピールしましょう。

    1-2-1 強みが分からない時は見方を変えて「ポジティブ変換」をする

    評価されたエピソードを思い返すと「いい結果が得られた話もあるけど自分の力でやりきったと言えるか自信がない…」と思い、自分の強みを見失ってしまう人もいるかもしれません。そんな時は「ポジティブ変換」でネガティブをポジティブに表現するように工夫をしてみましょう。一見ネガティブな短所も、見方を変えれば長所になることもあります。

    短所→長所のポジティブ変換の例

    短所

    長所

    人見知り

    用心深い、慎重

    消極的

    相手に合わせ、尊重する

    鈍い

    ペースを保てる

    神経質

    几帳面で、細かいところにも気がつく

    短気

    情熱的で芯がある

    すぐ焦る

    真面目で計画的

    頑固

    逆境に強い

    すぐ諦める

    物事を人と違う角度で見る、決まったやり方に捉われない

    悲観的

    現実を見つめる勇気がある

    すぐ凹む

    物事を受け止める懐がある

    1-3 要点3:強みを活かしてやりたいこと

    先に挙げたエピソードと強みをまとめたら「応募先でやりたいこと」を一文でも盛り込むようにしましょう。なぜなら、採用担当者は単にあなたの強みだけを知りたいのではなく、その強みをもってして何がしたいのか?応募した後に活躍できそうか?という、入社後も見据えて選考をするからです。そのため、一方的な強みや経験の羅列にならないように気をつけたいところです。また、強みを活かした上で、応募先でやりたいことが明確にない時は、応募先やその業界に関する知識が少し足りていないかもしれません。応募先のホームページを見たり、その業界の課題や成長性などを調べ、自分がどう関わっていけるのかを考えましょう。その際、自身がやりたいことと応募先が求めているもののミスマッチが無いかも改めて確認するようにしましょう。その応募先が求めている要件を満たせていない場合、どんなに素晴らしい強みを持っていたとしても、内定には至らないこともあるためです。

    応募先でやりたいことを盛り込む
    採用担当者は単にあなたの強みだけを知りたいのではなく、その強みをもってして何がしたいのか?応募した後に活躍できそうか?という、入社後も見据えて選考をします。一方的な強みや経験の羅列にならないように気をつけましょう。

    2 結論・理由・将来やりたいことの順に文章を作る

    1章で自己PRに盛り込むべき要点3つを見てきました。この3つの材料が揃ったら最後は文章を組み立てていきます。文章は結論を初めに、理由、そして将来やりたいことの流れで作成をしていきます。そのため、要点2→要点1→要点3の順にまとめるようにしましょう。

    (例)病棟勤務から小児科クリニックへ転職したいAさんの場合:
    「私は病棟で勤務する中で入院中の患者様だけでなく、それを支えるご家族とのコミュニケーションも大切にしてきました。ご家族をお見かけした際はタイミングをみて必ず挨拶するよう心がけ、時間がゆるす限り傾聴するようにしていました。そのため退院の際にはご家族からも感謝の言葉やお手紙を頂くことも度々ありました。患者様だけでなくご家族をも含めた看護師としてのコミュニケーション能力を活かし、貴院では家族援助のスキルを一層高めていきたいと思っております。」

    (例)外来勤務から訪問看護ステーションに転職したいBさんの場合:
    「私の強みはリーダーシップと対人調整スキルです。私は学生時代からバスケットボール続けており、今でも社会人チームに参加をし、メンバーを取りまとめる役割を担っています。体育館の予約やメンバー調整を行う中で「君がいないとチームがまとまらないよ」と言われたこともあります。この経験を活かし、貴ステーションでは関係各所との連絡調整を円滑にできる訪問看護師として、ケアマネジャーから指名をもらえるよう励んでいきたいと思います。」

    文章は長すぎても短すぎてもNG!
    上記の文例でおおよそ200文字前後です。書き込むスペースにもよりますが、端的に自身のウリを伝えらえられるよう、文字数には気を配りましょう。

    2-1 嘘、極端に盛った情報

    嘘や事実を誇張するような書き方、情報は応募書類では書かないようにしましょう。書類選考の突破が厳しい場合には、目を引くといった意味では有効かもしれませんが、先に伝えたように採用担当は入社後も見据えて選考をするため「極端に虚栄心が強い人だとウチの在籍メンバーとは合わないかも」「業務に支障がでそう」と思われる可能性もあります。また、書類選考があったとしても、こういった場合は面接で見抜かれてしまうため、自分をよく見せよう!と有りもしないことを載せるのはやめましょう。

    2-2 抽象的でわかりにくく誰にでも当てはまる内容

    自己PRは自分のウリと採用するメリットがあることを伝えるための手段です。そのため、誰にでも当てはまってしまうような抽象的な記載より、自分らしさを伝えられるリアリティを持った作成を心がけましょう。なぜなら、応募書類は選考の材料として使うだけでなく、どんな人物であったかリマインドするための書類になったり、関係者の間で回覧される場合もあり、印象に残ることが大切だからです。
    応募先は複数看護師を同時に選考し、応募書類を見返して選考の是非を決めています。抽象的な内容だと、よほど面接が印象的でなければ、記憶に残りにくいと言えます。また、面接に立ち会えなかった関係者が応募書類を参考にして、内定の是非に意見することもあります。自分だけの自己PRの作成を意識しましょう。

    2-3 誤字脱字など書類の不備

    応募書類全般に言えますが、誤字脱字や「てにをは」が不自然な文章はしっかり修正をしてから提出しましょう。誤字脱字などのミスは誰にでも起こりうるミスですが、確認をすれば防げるものでもあります。記載した内容は1日時間を置いてから見たりすると、修正点や不自然な箇所が見えてきたりします。「これで提出して大丈夫!」と胸を張っていえる状態で書類選考に望みましょう。

    書類なら「貴院」、面接で話すときは「御院」
    この2つの使い分けを混同しているケースをよく見かけます。書類で記載する際は「貴」を使いましょう。病院なら「貴院」となり、面接で話すときは「御院」です。企業への応募の際は、「貴社」「御社」になります。

    2-4 応募先の求める人材とミスマッチがある

    応募先が求める人物像・強みを自身が持っているか?もしくは、入社後にその強みを伸ばしていける可能性があるか?という視点を持って自己PRを作りましょう。「1-3 要点3:強みを活かしてやりたいこと」でも記載をしましたが、どんなに素晴らしい強みを持っていても、強みを活かせる環境がなければ、それは宝の持ち腐れ…残念ながら強みにはなりません。もし、自身の強みを活かせるか分からないがどうしても応募先に勤めたいという強い意志がある場合、入社後に身に着けていきたいといった抱負を盛り込むなど、至らない部分をどう乗り越えていくのかをアピールしましょう。

    応募先は強みを活かせる環境か?という視点を持つ
    どんなに素晴らしい強みを持っていても、強みを活かせる環境がなければ、それは宝の持ち腐れとなってしまいます。応募先が求める人物像や強みを自身が持っていることをアピールできる自己PRを作りましょう。

    まとめ

    自己PRの簡単な書き方、いかがでしたでしょうか?看護師の方の転職活動は、他の職種と比べても比較的容易いと言われています。しかし、就職には困らない一方で、人手不足のため希望の科に配属が叶わず、やりたい看護が実現できないというケースはよく聞かれます。やりたいことをやるためには、その思いや熱意を応募の時から伝えていることも、理想のキャリアプランを叶える布石になることもあります。今回の記事が、理想の転職を叶える一助になれば幸いです。