看護師が青年海外協力隊になるために必ず知るべき全ての知識

青年海外協力隊挑戦青年海外協力隊挑戦

看護師が青年海外協力隊になるために必ず知るべき全ての知識

看護師になる方には多くの理由があります。「手に職をつけたかったから」「身内に看護師がいて勧められた」「昔から憧れの職業であった」「自分自身の入院や通院の経験でチャレンジしたい」など多岐にわたる理由があります。その中で青年海外協力隊にチャレンジするために看護師になりたいという方も中には多くおります。かく言う筆者も看護師になった理由の一つが青年海外協力隊に参加したいというものでした。

しかし、実際に看護学校に通ったり、看護実習を経てその想いが薄くなる方も少なくありません。

青年海外協力隊には毎年1000名以上の方が携わっており20%程度は保健医療分野の従事者が活躍しています。WEBなどJICAのホームページから多くの情報を収集できます。ハードルが高いと思っていた青年海外協力隊ですが2010年頃4,000人の応募が2018年は約2,000人と半減しています。チャレンジするなら今がチャンス、そして実際を知ることで「自分でもやれる!」「準備すれば簡単」と思える内容が詰まっています。読み終われば「説明会に行こう」あるいは「WEB説明会を視聴してみよう」という気持ちになっているでしょう。

1 青年海外協力隊で看護師が従事する仕事は?

看護師として青年海外協力隊に行く場合は、ご自身の興味関心のある分野でチャレンジするとよいでしょう。2章でも述べていますが、看護師は歯科衛生士や高齢者介護に比べて合格率が高い職種になるからです。そのため、自分の興味関心や強みを活かして従事することが青年海外協力隊になるためには重要となります。まずはどのような仕事内容や要件があるか知っていきましょう。

1-1 看護師は病院だけでなく、保健センターや小学校、はたまた看護学校でも働けます!

看護師が従事するというと病院だけと思いがちです。実際は地域(保健センター、小学校など)で、看護業務の指導や住民への啓発活動なども行います。看護学校で学生に指導を行う場合もあります。病院で、看護技術の向上や看護ケア改善のための指導や医療事故防止などを啓もうする活動や、住民への生活習慣病予防のための啓発活動、あるいは看護の専門学校で、実習を中心に学生指導も行います。

1-2 要件はただ一つ!看護師の国家資格のみ。

青年海外協力隊の看護師として活動するために必要な要件は看護師の国家資格のみです。保健師や助産師の資格や実務経験もあると、活動範囲が広がります。地域での保健活動を希望する場合、保健師の資格がなくても訪問看護の経験や、保健指導関連のイベント経験等があると、有利などがあります。

1-3 実務経験は派遣時点で3年以上あればOK。

青年海外協力隊の看護師として活動するために必要な実務経験年数は3年以上(派遣時点)です。より専門性が求められる要請においては5年以上の実務経験が必要です。その他、要請内容によって、特定の疾患や部署での知識や実務経験、プライマリ・ヘルスケアや母子保健、5S(整理・整頓・清掃・清潔・躾)についての体系的な知識や経験が求められる場合があります。

2 募集や実績、どのくらいなれるの?

青年海外協力隊は年度により派遣先や募集人数が異なります。分野も「人的資源」「保健医療」「計画行政」などに分類されています。

2-1 募集人数は1,000名程度、看護分野は200~300名程度!

青年海外協力隊派遣推移表

「出典 国際協力機構(JICA)」<https://www.jica.go.jp/volunteer/outline/publication/results/jocv.html#r03

青年海外協力隊は年度計画によりますが、ここ5年間は毎年1,000名程度の募集をしています。保健医療の分野では派遣中は1,334名中284名派遣されており、17%と人的資源に次ぐ多さになります。過去実績の累計でも14%近くとなり非常に多くの看護師が参加されています。看護師の派遣先や目的も明確となっているため、実績も多くなっています。

派遣実績(JICA)

「出典 国際協力機構(JICA)」<https://www.jica.go.jp/volunteer/outline/publication/results/jocv.html#r03

2-2 看護師の合格倍率は69%で歯科衛生士や高齢者介護よりも合格しやすい!

下記表をみてわかるように合格倍率は69%と歯科衛生士や高齢者介護に比べれば高いことがわかります。看護師の募集はコンスタントにあるため、もし不合格になったとしても毎年2回募集を行っているので、半年後に再度受験することも可能になっています。

合格倍率

「出典 国際協力機構(JICA)」<http://newsreader.jica.go.jp/news/2018_aw_jv_toukei_190215.pdf>

3 応募方法やスケジュールに関して

青年海外協力隊の募集要項、応募方法はJICAに記載があります。応募から選考までのスケジュールのリンクより進めることができます。春と秋にそれぞれ募集期間があり、都度ホームページに記載がされます。2019年春の場合、2019年2月13日~4月3日が募集期限になります。その後一次選考が行われて「技術審査」「健康審査」「語学審査」が行われます。

3-1 「想いが大事!」一次選考の技術審査

技術審査では青年海外協力隊を応募する理由、ボランティア経験、帰国後の進路がまず必要になります。看護師の場合は免許証のコピーも必要となります。看護師として1章に挙げた、どのような分野で支援していきたいかが最も重要になります。ここは技術も大事ですが、とにかく想いが大事になります。

3-2 健康審査はJICA指定の健康診断書を提出して実施するだけでOK!

健康診査にはJICA指定の健康診断書を医療機関に提出するだけになります。。対象病院は健康診断を行っている多くのクリニックが対応になっています。自身の病院でも可能かと思いますが、退職願などを出していないと呼び出される可能性があるため、注意が必要になります。費用はクリニックにより異なりますが10,000円~20,000円程度かかります。

3-3 語学審査は高校卒業程度のレベルで十分も準備は必要です。

必要となる語学力は英検3級、TOEICスコア330点以上で、これは最低ラインになります。レベルは高校卒業程度になりますが、受験しないといけないので事前に準備し、受験する必要があります。また自宅でGTEC、CASECという英語のテストも受講できます。GTECの場合、4技能 340点、2技能 165点以上が求められ、CASEC(自宅受験型) 450点以上が必要になります。英語圏以外での受講の場合フランス語では、仏語能力認定試験(TEF)69点以上、仏検3級・4級で、スペイン語では、西検5級、DELE入門(A1)(2010年度以降の資格保持者)、SIELE(A1)というラインがあります。他の国に関してもJICAのHPにある語学力審査について(一般案件)に記載してあります。

3-4 一次審査結果から二次審査

上記3つの審査を終えた、2019年春募集の場合、2019年5月22日に合格発表が郵送で送られます。併せてWEB上にも合否結果が記載されます。晴れて合格者は二次審査を2019年6月11日~6月18日に東京の指定会場で行われます。内容は人物審査の面接と健康診査、そして二次選考にかかった交通費が二次審査は支給されるので、その説明が行われます。そして2019年7月16日に合否が発表という流れになります。そして8月からは秋の募集が始まるため、半年間隔でスケジューリングされています。

4 応募する前に一呼吸!説明会にまずは行こう。

第3章だけを読むとハードルが高い気がしますが、しっかり情報収集をして準備することが大事です。基本的に青年海外協力隊を希望する多くの方は説明会に参加をしています。全国説明会キャラバンとWEBでの受講がありますのでそれぞれみていきましょう。

4-1 全国50か所で開催されている説明化&イベント

JICAでは全国キャラバンやイベントで説明会を行っています。JICAの目的やボランティア事業の概要、経験者の座談会を主に行われています。北海道から九州にかけて全国で実施をしています。各地域に関してはJICAホームページに記載してあります。各種説明会情報ページを参考に日程を考えて、最寄りの会場に足を運ぶことを考えましょう。事前に予約すれば直接質問や手続き方法を確認できるので、一番理解が深まるでしょう。

4-2 オンラインで質問もできる!便利なWEB視聴

時間がない方や会場まで足を運べないという方に朗報です!JICAではWEB説明会を用意しています。過去に行った説明会を見られるアーカイブス視聴と説明時にチャットで質問ができるリアルタイム視聴があります。JICAボランティアWEB説明会という動画もあり、1時間程度で視れるため、説明会参加の前にワンクッション置きたい方はおススメです。リアルタイム視聴はホームページから申込できますが、現在(2019年8月6日時点)では調整中となっています。リアルタイム視聴は、質問がその場でできるのが魅力的です。

5.さいごに

看護師での青年海外協力隊は、一般職種に比べれば合格率も高く、ハードルは低いです。しかし、英語圏やそれ以外でも語学力の最低レベルは必要になります。思い立ってすぐには参加できない青年海外協力隊ですが、準備さえすれば合格は容易です。筆者と同じように夢を調べずに諦めるということにならないように是非チャレンジしてみてください。JICAのビジョンは「信頼で世界を繋ぐ」で、「人々が明るい未来を信じ多様な可能性を追求できる、自由で平和かつ豊かな世界を希求し、パートナーと手を携えて、信頼で世界をつなぎます」としています。看護師として病院以外でも働き方ややりがいの一つになれば嬉しく思います。