看護師がキャリアビジョンを簡単に描く方法とキャリアプランのポイント

看護師 キャリアビジョン看護師 キャリアビジョン

看護師がキャリアビジョンを簡単に描く方法とキャリアプランのポイント

看護師として働き始めてしばらくすると、今後はどのような働き方をするとよいのかを考える方も多くなります。人によって目指すキャリア像はさまざまですが、重要なことはキャリアビジョンを描くこと、キャリアビジョンにあったキャリアプランを設計することです。

では看護師のキャリアビジョンはどのように描いていけばよいのでしょうか。描き方がピンとこない方も多いのではないでしょうか。実は、キャリアビジョンの描き方はとても簡単なんです。

今回はキャリアビジョンの描き方がイマイチわからないという方でもすぐに自分のキャリアビジョンが見えてくるロジックツリーというものを用意しました。

また、キャリアビジョンを大別して以下の4つのビジョンに焦点を当て、それぞれのキャリアプランのポイントについて詳しく解説していきます。ぜひ今後のキャリア形成の参考にしてください。

・とにかく稼げるようになりたい
・将来は家庭を持って子育てしながら働きたい
・現場の看護スキルを極めたスペシャリストになりたい
・看護師として幅広い領域でジェネラリストとして活躍したい

1 ロジックツリーで自分のキャリアビジョンを明確化する

キャリアビジョンを描く際にはロジックツリーに沿って、ご自身で「Yes」「No」と答えて進んでいくだけで自身の看護師としてのキャリアビジョンが見えてきます。

自分のキャリアビジョンがどこにあるのかをすぐに知ることができるロジックツリーを用意しました。上から順に進んでいき、自分のキャリアビジョンを見つけてください。
キャリアデザイン ロジックツリー

なお、キャリアビジョンは今回挙げた4つだけではありません。ポイントは看護師として生きていく中で重要視していることを書き出して「Yes」「No」の形で答えていくことです。「Yes」となった所が最も自分が重視しているポイントであり、それをかなえるための最終目標を言語化しましょう。

以下では、今回挙げたキャリアビジョンについて、達成するためのキャリアプランのポイントを解説していきます。

2 ワークライフバランス重視で将来は家庭をもって子育てしながら働きたい

仕事と家庭の両立というビジョンを描く方は、家庭を持つ前に総合診療科など、将来両立しやすい診療所で必要となるスキルを幅広く身に着けることができるところで経験を積むことが重要です。

「いずれは結婚して家庭をもち、子育てしながら看護師として働き続けたい」という方もいるでしょう。特に子どもが小さいうちは夜勤がなかったり子どもの急な病気に対応できるように時間の融通がきいたりする職場のほうが助かりますね。

幅広い知識や経験がない場合は、入院設備のない診療所や訪問看護ステーション、介護施設などで働くのも1つの手です。夜勤や残業がほとんどなく、「土日祝日は休み」など休日が定まっていることが多いので、家族の時間をしっかりとることができるでしょう。

ただし規模の小さい職場であったりスタッフは多くても看護師は少ないという職場であったりすると、自分が休めばほかのスタッフの負担が増えてしまう場合もあります。土日祝日は休むことができても運動会の延期など急な平日休みには対応できない恐れもあるので注意が必要です。

2-1 仕事と家庭の両立を目指すキャリアプランの3つのポイント

仕事と家庭の両立を目指すうえで重要なポイントは以下の3つです。

一般的な急性期の外科や内科の病棟を選ぶ
・家庭を持つ前から院内保育がある病院に勤務する
・将来仕事と家庭の両立をするとできない夜勤等の業務、勤務が難しいICU等を早めに経験しておく

 

勤務する診療科にこだわりがなければ、結婚前や出産前に外科や内科などを経験しておくとよいでしょう。これらの診療科で身についた知識やスキルはどの職場でもおおむね活用することができるので、診療科が理由で家庭との両立がしやすい職場を諦めるような事態になるのを防ぐことができます。

子育てしやすい職場を探す際に意外と見落としがちなのが規模の大きな病院です。病床があるため夜勤もあり忙しいというイメージもありますが、看護師の数も多いため時間の融通がきくこともあります。

また、職場には子育て世代の看護師も少なくありません。急な休みにも理解を示してくれる方も多いです。さらに、大規模な病院の場合、院内に24時間体制の保育施設が併設されていることがあります。家庭も仕事もおろそかにしたくないという方は保育施設がある病院を探してみることをおすすめします。

子どもがある程度大きくなれば夜勤も忙しい病棟の仕事も、若いころのようにしっかりこなしたいと思っている方は、夜勤などの業務やICUなどの忙しい職場を早めに経験しておきましょう。取得しておきたい資格があれば結婚前や出産前にとれるよう計画的にチャレンジしてください。

3 お金重視で、将来は看護師資格を活かして起業して稼ぎたい

看護師として15年勤続した方の平均年収は約510万円です。高収入とよばれる基準の1つである年収1,000万円以上をキャリアビジョンに掲げる方は、起業することを考えましょう。

特に訪問看護ステーションの起業がおすすめです。看護師が主役になれますし、大きな設備が必要なわけではないため、初期投資額を抑えてスタートできるからです。

3-1 病院勤務を続けても年収1,000万円を稼ぐのは現状では難しい

厚生労働省が公表している平成30年賃金構造基本統計調査によると看護師の平均年収は約480万円とされています。勤務年数に応じて基本給が上がっていく職場も多くありますが、勤続15年以上でも平均年収510万円ほどとなっており、高収入とよばれる基準の1つである年収1,000万円には2倍以上の差があるのです。(参照:厚生労働省 平成30年賃金構造基本統計調査

看護師の仕事は専門的かつ多忙な仕事です。職場によっては交代制勤務で夜勤もあるため体力的にも精神的にも負担が大きい仕事といえるでしょう。しかしながら専門性の高い仕事内容やシフトが毎日異なるなどといった勤務体制のわりには看護師の給料はそれほど多いとはいえないのが現状です。

夜勤を増やして手当が増額されたとしても、それだけでは収入を大幅にアップすることは難しいでしょう。中には「病院の副院長にまで出世する」「臨床開発モニターとして働く」といった方法で高収入を得ている看護師の方もいます。

ただし古い体質の病院だと看護師が副院長になる可能性がほぼゼロであることも少なくありませんし、臨床開発モニターには英語など看護スキル以外の能力も必須になってきます。求人数もそれほど多くないため希望通りその職に就くことは容易なことではないでしょう。

一方、比較的その職に就きやすく看護師としてのやりがいも得やすい働き方があります。その方法の1つが「訪問看護ステーション」を開設すること、つまり起業することです。

3-2 看護師の資格を活かして訪問看護で起業するというキャリアプランの3つのポイント

訪問看護で起業するビジョンを実現するために重要なキャリアプランのポイントは以下の3つです。

・訪問看護ステーションでの勤務を経験する
・ステーション管理者を3年経験する
・病院勤務で人をまとめるリーダー業務を経験する

訪問看護ステーションを開設して稼げる看護師になるためには、まずは訪問看護ステーションでの勤務を経験しましょう。

さらに訪問看護ステーションの管理者を3年以上経験するなど訪問看護ステーションでのキャリアをしっかり積み重ねていくことをおすすめします。

2025年に団塊の世代が後期高齢者の仲間入りをすること、住み慣れた環境で療養生活を送りたいというニーズの高まりから今後利用者が増えていくと予想されるサービスであるため、経営を軌道に乗せることができれば年収1,000万円も夢ではないでしょう。

ただし事業に失敗した場合は借金を負う恐れもあることに留意しておく必要があります。

目安として、起業や企業経営の経験がない方は手元に2,000万円の資金を準備してから起業することをおすすめします。

起業を甘く見ず「訪問看護ステーションを開業する」というビジョンをしっかりともち、それに向かってキャリアを積んでお金を溜めていくことが重要です。

また訪問看護ステーションは所属する看護師たちによって支えられています。所属している看護師を上手にまとめるためにも、病院などの勤務先でリーダー業務を経験することをおすすめします。

4 現場の看護スキルを極めたスペシャリストとして活躍したい

「特定の分野を極めたい」「看護師としてさらに学びたい分野がある」といった方は認定看護師を目指すことをおすすめします。

認定看護師とは、特定の分野においてハイレベルな看護を医療現場で行うことができると日本看護協会に認められた看護師のことを指します。

また、同じ職場の看護師への指導などを通して看護ケアの質を向上させる役割を担うことを期待されている存在でもあります。特定分野の看護スキルを極めることで質の高い看護スキルを患者さんに提供することができるので、患者さんにしっかり向き合いたいという方にも向いているでしょう。

さらに病棟や外来だけでなく自治体や教育機関、ほかの病院や訪問看護ステーションなどといった外部の機関とも連携する機会も多くなります。自分が極めた特定分野の看護スキルを存分に活かせるので非常にやりがいがある仕事といえそうです。

4-1 認定看護師を目指すキャリアプランの2つのポイント

認定看護師を目指すうえでの重要なポイントは以下の2つです。

資格取得したい認定分野での経験も3年必要
・資格取得の支援体制がある病院を選択する

2019年現在において「救急看護」「がん化学療法看護」「新生児看護」などの21分野が日本看護協会によって認定看護分野と定められていますが、2020年度からは19の認定看護分野からなる新しい教育課程がスタートします。いずれの場合でも認定看護師になるには通算5年以上の実務研修経験を積む必要があり、そのうち3年以上は認定看護分野を経験することが必須条件となっています。(参照:日本看護協会 資格認定制度

認定看護師の教育を受けるための実務経験条件を満たした後は認定看護師教育機関で授業を受講する必要があります。2019年現在における課程(A課程)では615時間以上、2020年度から始まる新しい課程(B課程)では800時間以内の授業を受ける必要があり、A課程の場合6ヶ月ほど通うことになるとされています。(参照:日本看護協会 新たな認定看護師教育基準カリキュラム作成の概要

認定看護師教育機関は全国に52ヶ所ありますが、それぞれの定員は15~30名ほどであり、希望する分野の教育機関が遠くにしかないということもあります。早いうちから募集要項などを確認し、自分の考えているタイミングで認定を受けられるようにプランを立てましょう。

また、受講料には100万円ほどかかりますので費用の準備も忘れないでください。

認定看護師の認定審査は毎年1回、全国5ヶ所の地点で同時に行われます。認定審査に合格すれば晴れて認定看護師の仲間入りですが、認定の更新が5年ごとにあるということに注意してください。更新審査では前回の審査から現在までの5年間の実績について書類上で審査されます。

認定看護師の資格を取得した後も日常的に勉強することを心がけましょう。なお、認定看護師資格の制度を詳細に知りたい方はこちらの記事もご覧ください。廃止ではなく新たな制度へ!認定看護師制度をわかりやすく徹底解説!

このように認定看護師の資格を取得するには時間も費用もかかります資格取得のためのサポート体制が整っている病院を選ぶと、個人の経済的な負担が軽減されたり勉強のための時間を作りやすい勤務に変更してもらえたりすることがあります。認定看護師になることを視野に入れている方はこのような職場を検討するのもおすすめです。

5 護師として幅広い領域でジェネラリストとして活躍したい

領域にかかわらず看護に関する知識や技術、能力をその場に応じて発揮できる人のことを日本看護協会では「ジェネラリスト」と位置づけています。「特定の分野だけではなく看護師として幅広い領域で活躍したい」という方の多くはこのジェネラリストという考えに近い働き方を想定しているのではないでしょうか。(参照:日本看護協会 継続教育の基準 ver. 2

5-1 ジェネラリストを目指すキャリアプランの3つのポイント

ジェネラリストを目指すうえでの重要なポイントは以下の3つです。

・期間を決めて病棟を移る
・社内政治に強くなるための人脈づくり
・待遇、処遇面で高すぎる目標設定をしない

ジェネラリストとして働くためには、さまざまな診療科での看護経験を積み、幅広い領域の知識やスキルを身につける必要があります。

一方で在宅看護や老人ホームでの看護など病院や診療所以外での看護師の役割を知ることも大切です。

より多くの領域で多様な経験を積むためにも、期間を決めて病棟を移るとよいでしょう。さまざまな診療科を経験することで看護に関する幅広い知識や技術を身につけることができます。

また、幅広い領域で仕事をする看護師は所属を超えてスタッフをまとめたり所属外の診療科に意見を述べたりする機会も多くなります。リーダーシップを発揮できる経験を積むほかにも、院内政治に強くなるための人脈づくりも欠かせないでしょう。

注意すべきポイントとしては待遇面で高すぎる目標設定をしないということが挙げられます。認定看護師やさらに希少性の高い専門看護師とは異なり、幅広い領域で仕事をしたいという看護師には看護師資格以外の特別な資格などは設けられていません。その分資格手当などでどうしても収入の差が出てきてしまいます。

またさまざまな職場を経験するために一定期間のうちに何度か転職する場合は、それぞれの職場での勤続年数が短くなってしまうため思ったより給料が上がらないということも考えられます。幅広い知識や技術を身につけることを優先するのであれば、経験を積んでいる期間は待遇面で高すぎる目標を設定しないほうが就業先も見つけやすくなるでしょう。

6 まとめ

目標が見えにくく結婚や出産でキャリアも途絶えやすいためキャリアビジョンをもちにくい職業とされることもある看護師ですが、「とにかく稼げるようになりたい」「将来は家庭を持って子育てしながら働きたい」「特定の分野を極めたい」「幅広い分野で活躍したい」といったようにさまざまなキャリアビジョンを描くことができます。

自分が将来どのような看護師として働いていたいのかをイメージし、どのような行動をとれば自分の理想に近づけるのかを具体的に考えてみましょう。

今回ご紹介したキャリアプランのポイントもぜひ参考にしてください。