週1日4時間〜できるカフェのバイトが看護師の副業に相性抜群な理由

看護師 副業 カフェ看護師 副業 カフェ

週1日4時間〜できるカフェのバイトが看護師の副業に相性抜群な理由

最近、病院勤務にマンネリ化を感じることはありませんか?
忙しい看護師業務、休日の過ごし方に刺激がなくなってきていませんか?

今回はそんな方にリフレッシュや新たな刺激を得て欲しいと思い、リフレッシュのためにゆっくり休む、ではなく、逆に別世界で働く!という発想で、「週1日~かつ4時間~」という短時間のカフェのアルバイトを提案する記事を書きました。

看護師の方は平均年収が400万円を超えるなど、一般的な女性よりも経済的に恵まれていることが多いです。それでも、看護師の方がお金目的で副業を考えることは多く、近年は副業ブームということもあり、知らない世界を体験してみたいといった方も増加傾向にあります。特に近年一部の看護師の方から注目されているのがカフェでのアルバイトです。

カフェでのアルバイトは時間的融通も利きやすいため、拘束時間が長い看護師の方にもぴったり。今回は副業希望の看護師向けに、カフェでのアルバイトに関するお役立ち情報を徹底解説します。

1 週1日~かつ4時間~のアルバイトの募集はたくさんある

カフェでの短時間アルバイトを希望する看護師は、「そもそも週1日、4時間以内などの短時間勤務が可能なカフェはあるの?」という疑問を抱えていることが多いでしょう。結論から言うと、このような短時間勤務のカフェバイト求人は存在します。

実際に大手の求人サイトなどでは、「短時間OK」「1日4時間以内」の条件でカフェバイトの検索を行うことができるなど、短時間勤務を探している方向けのシステムもしっかりと整えられています。

もちろんお住まいの地域などによっては、条件に合致した店舗が見つからないこともありますが、東京、名古屋、大阪などの大都市圏では短時間でのカフェバイトを応募している店舗は数多く見かけることができます。

そのため、カフェバイトを希望する看護師の方は一度さまざまな求人サイトをチェックしてみましょう。

2 カフェの短時間アルバイトのメリット3つ

看護師がカフェでの短時間アルバイトをすることは、視点を変えると複数のメリットがあることが見えてきます。ここではカフェの短時間アルバイトの主なメリットを3つまとめましたのでご覧ください。

2-1 【メリット1】心のリフレッシュになる

看護師の仕事は外から見ている以上に心身の疲労が蓄積されやすいです。毎日の患者さんのお世話、不規則な勤務形態、同僚スタッフとの付き合い、命に関わる仕事に携わっているという責任感などから大きなストレスを抱えやすいものです。

心身の疲弊がピークに達したときは、心のリフレッシュにつながる行動を起こすのがよいとされていますが、カフェでのアルバイトは人によってはリフレッシュにつながることがあります。普段とは別の世界などに触れると新鮮な気分になりやすいからです。心のリフレッシュやストレス解消の効果を得られる可能性があるのです。

もちろんカフェバイトがイメージしていたものとまったく異なっていたり、仕事中にストレスを抱える出来事が起きてしまったりすると逆効果になる恐れもあるでしょう。

しかし、看護師の方は普段命に関わる業務に携わっているため、非常に強いメンタルを持っている方が多いです。

またカフェでの仕事は病院のように人の命について考える必要はないため、本業よりも気楽な気持ちで作業に没頭しやすいといえます。

週1回の短時間勤務ですから、スタッフと楽しくコミュニケーションをとりながら作業を進めれば心のリフレッシュにつながる可能性は高いです。

2-2 【メリット2】お金を稼ぐことができる

当たり前のことですが、カフェでの仕事は時給が発生しますので、少ないながらもお金を稼ぐことができます。週1日、4時間前後のバイトだと1回分の給与は雀の涙のようなものです。

しかし、このカフェバイトをコツコツと継続していくと、1年後、2年後には多少のまとまったお金を得ることができます。一例として時給1,000円のカフェで週1回、4時間のバイトをすると1年間で20万8,000円の収入を得ることが可能です。

なお、看護師は数ある職種の中でも非常に賃金が高いため、カフェバイトを希望する方の中には「時給やお金は気にならない」という方も多いです。しかし、応募や面接を行うにあたって必要最低限の知識、情報は入れておいたほうがよいでしょう。

そこでここでは札幌、東京、名古屋、大阪、福岡の5大都市圏の時給目安をまとめましたのでご紹介します。まずは以下の表をご覧ください。

エリア 最低時給 カフェバイトの
時給目安
札幌都市圏 835円 850円~1,000円
首都圏 985円 1,000円~1,300円
名古屋都市圏 898円 900円~1,000円
大阪都市圏 936円 950円~1,200円
福岡都市圏 814円 850円~1,100円

(参照:厚生労働省 地域別最低賃金の全国一覧

看護師以外のビジネスにも興味がある方、カフェ開業を目指す方などは起業資金や開業資金として貯蓄しておくこともできます。

全国には看護師でありながらもカフェを開業した看護師兼カフェオーナーという肩書きを持っている現役看護師の方もいます。カフェアルバイトで得た収入は、自身の今後に役立つようなものに投資していきましょう。

2-3 【メリット3】看護師としての視野が広くなる

カフェだけに限らずいえることですが、他の業界で仕事をすることで、看護師としての視野が広がります。

一緒に働くバイト仲間や正社員の方は病院にはいないタイプの人たちでしょう。そういう方とどう信頼関係を作っていくか、病院にいない元気な高齢者の姿など、病院で働いている時とはまた違った刺激を受けることができ、今まで見えなかったこと、気づいていなかったことに気づかされることで、看護師としての視野が広がります。

3 カフェのバイトで身に付くスキル

カフェのバイトではさまざまな業務が発生したり、多くのお客様が来店したりしますので、仕事を通じて社会で役立つスキルを身に付けることができます。ここではカフェのアルバイトで身に付く主なスキルをご紹介します。

3-1 サービス業ならではの接客スキル・コミュニケーションスキルが身につく

カフェアルバイトで身に付く代表的なスキルといえば、やはりサービス業ならではの接客スキル、コミュニケーションスキルです。看護師の方は日々多くの患者さんと接していますので、基本的なコミュニケーションスキルは身に付いています。

しかし、病院と飲食店で求められるコミュニケーションスキルには異なる部分もあります。病院では患者さんの健康状態などを中心にコミュニケーションを図ることが多いです。

一方、カフェでは常連さんなどに楽しい話題を提供したり、相手を楽しませたりする会話が求められます。もちろん病院でもケースによっては患者さんが元気になるような話題を提供する必要がありますが、カフェほど重要視するポイントではありません。

特に個人経営のカフェなどではメインの顧客層が常連さんということも多いですので、居心地の良い場を提供してあげられる雰囲気を作ることは非常に重要です。

カフェに来店する方の中にはオーナーやスタッフとの会話を楽しみにしている方も少なくないため、カフェバイトを通じてサービス業ならではのコミュニケーションスキルを身に付けることができるでしょう。

もちろん基本的な接客スキルも習得することができますので、将来的な転職などを検討している方にもおすすめです。

3-2 コーヒーなどに関する知識が身につく

カフェのバイトを希望する方に話を聞くと、「美味しいコーヒーの淹れ方などを学べるのは魅力的」といった声が非常に多いです。コーヒーは今や国民的な飲み物の代表格でもあるため、自宅でもコーヒーの淹れ方にこだわりを持っている方は少なくありません。

カフェの仕事に携わることで、プロの技術を習得することも可能なため、プライベートで飲むコーヒーのレベルアップにもつなげることができるでしょう。

また、さまざまなコーヒー豆を取り扱っている店舗で働く場合は、各コーヒー豆の知識なども習得することができます。キッチンスタッフはお店の人気フードメニューを参考にしたオリジナルメニューも作れるかもしれません。

4 短時間のカフェバイトの特徴

当たり前のことですが週1日以上、1日4時間からのアルバイトはレギュラースタッフほどの経験を積むことができないため、能力やスキルは必要最低限のものしか身に付けることができないでしょう。

では、なぜ店舗側、経営側は能力やスキルが身に付きにくい短時間アルバイターを募集しているのか?ここでは短時間のカフェバイトの特徴や店舗側から期待されている役割などをまとめましたので解説します。

4-1 【特徴①】未経験者OKが多いので看護師として働きながらでも安心

カフェでのアルバイトは比較的未経験者でも採用していることが多く、短時間のアルバイターも例外ではありません。カフェが未経験者の人材を雇用する主な理由のひとつに、「慣れれば比較的簡単な仕事」というのがあります。

カフェでの仕事内容はホール、キッチンでの作業が主となります。カフェのアルバイトはお客様の対応もしなければなりませんし、食事の調理や皿洗いなどもこなす必要があります。

そのため、カフェバイトはやることが非常に多く大変というイメージを持っている人が多いようです。しかし、実際にカフェでのアルバイトを体験した方からは、「最初こそ大変だけど、慣れればどの作業も比較的簡単」といった声も聞かれてきます。

もちろん相性の問題もあるため、全員がカフェでの仕事を簡単だと感じるようなことはありませんが、基本的な仕事を覚えるのに特別な知識は必要としません。このような理由から短時間のカフェバイトは未経験者でも応募可としている店舗が多くなっています。

4-2 【特徴②】自由なシフトを組みやすいから不規則な看護師の副業に適している

カフェは学生、子育て中のママなど勤務時間が限られているスタッフが数多く在籍する代表的な職種のひとつです。勤務時間が限られているスタッフは正社員、レギュラースタッフと違って自身が希望するシフトを組みやすいです。

そのため、副業を希望する看護師でも比較的採用されやすい職種といえるでしょう。ただし、いくらシフト自由といっても店舗側やスタッフの都合で変更を依頼される可能性もあることを理解しておく必要があります。

5 短時間のカフェバイトで期待されている役割

週1日、4時間のみ勤務OKという募集が多く、看護師の副業として都合の良いことばかりように思えますが、副業も働いた対価として給料をもらうものです。カフェ側の期待する役割もしっかりと理解しておきましょう。

5-1 混雑する時間帯のサポートを期待されている

カフェの短時間アルバイトは、主に休日、ランチやカフェタイムなど忙しい時間帯のサポートを期待されて雇用される傾向にあります。

例えばですが、平日は正社員、レギュラースタッフのみでも対応可能な店舗でも土日祝日やモーニング、ランチ、15時前後のティータイムは混雑するケースが多いです。

このようなときにスタッフを増員しないと、オーダー待ちの時間が長くなるなど、来店者が不満を抱えるような状況を招きます。

短時間のカフェアルバイターはこの混雑のピークタイム時に重宝されるケースが多いです。たとえ短時間でもピーク時にスタッフ数が増加すれば、各自の負担が軽くなり、思わぬミスやトラブルを防ぐことにもつながります。

5-2 レギュラースタッフの穴埋めとして期待されている

カフェで働く正社員やレギュラースタッフにも休日があります。ではこのようなレギュラーで勤務する人が休日の場合は、誰が代わりを務めるのでしょうか?

同じ雇用形態の正社員やレギュラースタッフが穴埋めすることもありますが、店舗によっては人員が不足していることもあるでしょう。短時間のカフェアルバイターはこのようなケースで、レギュラースタッフの代わりを期待されることもあります。

もちろん能力や技術はレギュラースタッフよりも劣りますから、1人で店舗をまかせるようなカフェはほぼありません。

しかし、慣れればこなすことができる通常業務(ホール、キッチン、片付けなど)に関しては、短時間のカフェバイトでも行うことが可能ですので代役候補として重宝される可能性はあるでしょう。

6 週1日カフェでバイトする際の注意点

看護師の方が気分転換などの目的で、副業を希望するケースはときどき耳にします。しかし、勤務時間が短い副業、週1日しか出勤しないカフェバイトでも「仕事」という意識を忘れてはいけません。ここでは週1日からのカフェバイトを行う際に覚えておきたい注意点を解説します。

6-1 基本的な仕事内容を覚えるまではメモ取りなどをしっかりと行う

前述のように勤務時間が短いカフェでのアルバイトもれっきとした仕事です。そのため、勤務初日から基本的な仕事内容は必ず覚えるという意識を忘れないようにしましょう。

看護師の仕事では巡回(ラウンド)、血圧や体温の測定、注射や点滴、担当患者のカルテ記録などの整理といった作業をこなす必要がありますが、これらの基本的な業務をこなせない看護師は医療機関でも重宝されることはありません。

カフェでのアルバイトも同じであり、ホールやキッチンなどで発生する基本的な業務をこなすことができなければ、周りからも信頼されず、本来自由で希望が通りやすいシフトも、店長から「この日は他の人に頼むから入らなくて良いよ」と言われてしまうかもしれません。

基本的な仕事内容を覚えるまでは大事なポイントなどをメモに取ったり、先輩や上司に積極的にアドバイスを求めたりする姿勢も大切です。

6-2 周囲への気配りや思いやりを忘れない

短時間のカフェバイトをしているスタッフは経験数、実践数がレギュラースタッフよりも少ないため、基本的な能力や知識は劣る傾向にあります。そのため、カフェでの短時間アルバイトを長期に渡って続けたい場合は、自分の武器をひとつ持つようにしましょう。

具体的にはお客様と接するときはスタッフ一番の明るさや笑顔で対応したり、店舗全体を細かく見渡して困っているスタッフがいたら手伝ったりするなどが挙げられます。

このような武器を持っていると、お客様からも喜ばれますし、スタッフからも気配りや目配りができると評価されることでしょう。

7 まとめ

看護師の方は経済的に自立できる立場にありますが、副業を希望する方は多いです。また、お金以外の目的で新しい仕事に挑戦したい、知らない世界に触れてみたいといった志を持った看護師の方は一定数存在します。

特にカフェでの仕事はオシャレ、落ち着いた雰囲気といったイメージがあるため、女性が多い看護師からは憧れの職業のひとつとしてみられることもあります。

カフェでの短時間バイトはまとまったお金を稼ぐことは難しいですが、シフトの融通が利きやすかったり、病院では得られないスキルを身に付けたりすることができます。現在、看護師以外の仕事を希望している方、副業を検討している方はぜひ参考にしてください。