副業禁止でも収入を増やす!看護師におすすめの初心者向けの投資5選

看護師 副業 おすすめ(副業禁止)看護師 副業 おすすめ(副業禁止)

副業禁止でも収入を増やす!看護師におすすめの初心者向けの投資5選

『うちの病院は副業が禁止されているから…』と諦めていませんか?副業が禁止されていても収入を増やす方法はあります。その1つが投資です。投資は資産運用としてみなされることが多く、副業にはあたらないと考えられることが多いからです。

看護師は2年目ともなると年収が平均で見ても400万円を超えてきます。
他方、国税庁の調べでは、女性全体の平均年収は平成28年が280万円、平成29年が287万円となっており、100万円以上高いといえます。(参照:国税庁 平成29年分民間給与実態統計調査結果について)

このように看護師は20歳前半の時点で、一般女性の平均年収を大きく上回っていることが多い職業です。そのため、看護師は生活費や貯蓄分を差し引いても余る余裕資金を投資に回し、お金を増やしていくということが可能なのです。

とはいえ、投資は馴染みがなく不安、結局投資に失敗してお金が減ってしまうのではないかという不安もあるかと思います。もちろん投資は自己責任ですので、お金が減ってしまうリスクは大いにあります。

投資のリターンばかりに目をやるのではなく、損失を被ることもあるということを常に頭に入れて置きましょう。損失は誰も補償してくれません。大切なことは、どれくらいを運用資産に回せて、どれくらいまでなら損をしてもよいのかという許容範囲を決め、損失はその範囲内に収まるようコントロールすることです。

そこで、今回はリスクを抑えながら副業禁止の職場でも収入を増やすためにおすすめの投資を紹介していきます。

なお、副業が禁止されていない方は下記の記事をご覧ください。
・日勤のみの方【看護師がガッツリ稼ぐには日勤のみ+副業がおすすめ!イチオシの副業は夜専!
・夜勤もある方【夜勤もある看護師におすすめの副業は?不規則な勤務にあった副業2選と稼げる副業3選

1 副業禁止の職場でも本業以外の収入がほしいなら投資がおすすめ

副業が認められている職場もありますが、「副業はすべて禁止」という職場もありますし「特定の業種の副業は不可」といったように条件付きで副業を認めている職場もあります。

副業不可の職場で副業をしていることがバレてしまった場合、職場から注意されるだけでなく、減給や出勤停止といった処分が下るかもしれません。副業を始める前には副業をしてもよいかどうかをきちんと確認しておきましょう。

ただし、株式投資は副業ではなく資産運用であるとみなされるケースが多いため、副業禁止の職場に勤めている方にもチャンスがあると考えられます。また小規模な不動産投資であれば資産運用とされることもあるようです。「副業禁止の職場でも本業以外の収入がほしい」という方は職場に相談した上で検討してみるとよいでしょう。

ただし、投資は資産が増える可能性もあれば、目減りするかもしれないというリスクもあります。事前にセミナーで勉強したり少額からスタートしたりするなど、行き当たりばったりにならないように注意しましょう。

2 不規則勤務・投資のプロではない看護師におすすめの投資5選

貯蓄を続ければ口座の残高は増えていきますが、預けた金額のほかに口座に入るお金は利息分しかありません。一方、投資を上手に行えばより効率的にお金を増やしていくことができます。

ここでは看護師におすすめの投資を5つご紹介します。本業で頑張って稼いだお金を運用することで手間をかけずに効率よく稼ぎましょう!

副業で稼ぎたいと考えている方のなかには、さまざまな目的で貯蓄を行っているという方も少なくないでしょう。生活費として使うお金や使う目的が決まっていないお金が口座に眠っているという方は、そのお金の一部を投資に回すのもよいかもしれません。

ただし、きちんと知識を身に付けなければ資産が目減りするリスクがあることも覚えておきましょう。

2-1 夜勤も忙しくとにかく時間をかけずに稼ぎたい人にはロボアドバイザーを利用した投資

ロボアドバイザーとは投資家に代わってAIが自動で資産運用するサービスのことを指しています。AIが銘柄を選定するという点に不安を感じる方もいるかもしれませんが、手間をかけずに少額から投資することができますし、投資信託よりも運用コストが抑えられるというメリットもあります。(参照:始める前に知っておきたいロボアドバイザーのメリット・デメリット

手軽に投資を始めたいという方はロボアドバイザーから始めてみるのもよいでしょう。

株式投資は取引口座を開けば個人で自由に銘柄を選ぶこともできます。株式投資に慣れてくればこのような方法をとるのもよいですが、初めて株式投資に取り組む場合は投資信託や投資のロボアドバイザーを利用することをおすすめします。

2-2 患者さんと話が弾むこともある株式投資

「投資」と聞くと「株」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。株式投資で得られる利益には「売却益」「株主優待」「配当金」の3種類があります。

売却益とは買ったときよりも売った時の株価が高かった場合に得られるその差額の利益を指しており、比較的短期で売買することが多いという特徴があります。

株主優待とは株主優待制度のある企業の株主になった場合に得られる特典のことです。株主優待の内容は企業によって異なり、その企業の商品を受け取ることもあればその企業の商品を買える商品券などもあります。

配当金は会社の利益の一部を株主に分配するシステムです。株主優待と配当金は受け取る保有期間の条件を満たした上で権利が確定する日に株をもっていれば手に入れることができます。長期的な運用を行いたい方には嬉しいポイントですね。(参照:みんなの株式 はじめての株式投資~正しい知識を身につければ簡単・安心~

株式投資は一般的に広く普及している投資活動であり、患者さんの中にも株式投資を行っている方もいます。時には患者さんと投資の話に花が咲くこともあり、患者さんとのコミュニケーションに役立つこともあります。

2-3 株式投資に慣れてきたら投資信託

投資信託とは、各投資家から集めたお金をひとまとめにして投資の専門家が株式や債券などに投資をするという商品を指しています。投資信託は少額から始められる上に、分散して投資をすることができるというメリットがあります。また専門家が運用するということは初心者にとって心強く感じるポイントでしょう。(参照:投資信託協会 そもそも投資信託とは?

ただし投資信託では購入時の手数料や運用の管理費用といったお金を投資信託会社に支払う必要があります。個人で株式投資をするよりも運用コストがかかるという点に注意しましょう。(参照:投資信託協会 投資信託のコスト

2-4 年収が高くローンが組みやすい看護師だから不動産投資

不動産投資とはマンションなどの不動産を購入して利用したい人に貸して家賃を受け取るといったように、不動産を運用して利益を得る方法です。

不動産投資には高額な資金が必要というイメージをもっている方も多いかもしれませんが、マイホームを購入する場合のようにローンを組むことも可能です。そのため実はそれほど資金がなくても始めることができます。

不動産投資のメリットは人気のある物件であれば長く安定した収入を得られるという点にあります。一度購入すれば不労所得が数年単位で入ってくるので、本業で忙しい看護師にぴったりの投資といえるでしょう。

また、一般的にローンを組んで不動産を購入した場合は団体信用生命保険に加入します。万が一ローンの名義人が亡くなったり高度障害状態になったりすると、その後のローンを支払わなくてもよくなります。このように、不動産投資は生命保険の代わりとしても活用できると考えられます。

ただし自分が所有する不動産が常に貸し出されている状態になっているとは限りません。空室の期間があったり入居者が家賃を滞納したりすれば家賃収入を得られないので注意が必要です。リスクを最小限にするためにも、不動産投資を始める前には不動産投資を考える方向けのセミナーなどに参加し、知識や情報を身に付けておきましょう。(参照:5分でわかる不動産投資とは?メリット・デメリットとリスク回避方法

また、自分が住める不動産を購入すれば、入居者がいない場合でも自分が済むことで実利を得ることができます。投資ではなくなってしまいますが…

2-5 不安が大きい人はポイント投資から始めよう

「投資を始めたいけれどその前に練習してみたい」という方にはポイント投資もおすすめです。ポイント投資とはその名の通りポイントを利用して投資を行うことを指しており、TポイントやRポイントといった大手の共通ポイントで投資できるサービスもあります。

ポイント投資の最大のメリットは現金を持ち出さなくてもよいということでしょう。もともとポイントは商品購入時やサービス提供時にもらえる「おまけ」ですので、万が一投資で失敗したとしても現金や預金といった資産が減るわけではありません。また「ポイントだけで投資を行う」といったように投資額の上限を決めやすいというメリットもあります。(参照:ポイント投資とは

ただし、ポイント投資では投資信託のように信託財産を守る制度はありません。万が一ポイントを運用する会社が倒産してしまった場合、運用していたポイントは手元に戻ってこないという点に注意しておきましょう。

3 まとめ

毎日忙しく働いている看護師が副業を行う場合、日常的にはあまり手間がかからず自動的に収入を得られるものがおすすめです。長期保有することで株主優待や配当金が得られる株式投資などがよいでしょう。

いずれにしても、副業を始める前には勤務先が副業を禁止していないかどうかを確認することが重要です。副業禁止の職場で副業がバレてしまうと処分を受けることもあるので注意が必要です。株式投資は副業ではなく資産運用とみなされることが多いので、副業を禁止されている方も職場に確認してみることをおすすめします。手間をかけずに効率よく稼ぎ、本業と副業を両立させましょう!