夜勤もある看護師におすすめの副業は?不規則な勤務にあった副業2選と稼げる副業3選

看護師 副業 おすすめ 夜勤あり看護師 副業 おすすめ 夜勤あり

夜勤もある看護師におすすめの副業は?不規則な勤務にあった副業2選と稼げる副業3選

毎年の昇給は微々たるもの。もっと欲しいものを買いたい、ちょっと高いレストランにお金を気にせず行きたい、などを想像すると副業を考える方は多いのではないでしょうか。

交代制勤務の看護師の場合、夜勤があるため不規則な勤務形態になります。そんな看護師にはどんな副業が向いているのか、副業を通してスキルアップもできるのか、この記事ではそれぞれおすすめの副業3選を紹介していきます。

なお、日勤のみの勤務形態で副業を考えている方はこちらの記事をご覧ください。【看護師がガッツリ稼ぐには日勤のみ+副業がおすすめ!イチオシの副業は夜専!
また、副業が禁止されている病院で働いている方はこちらの記事をご覧ください。【副業禁止でも収入を増やす!看護師におすすめの初心者向けの投資5選

交代制勤務の看護師の場合は休日の曜日が固定されていないことも多く、曜日によって勤務時間帯が決まっているというわけではありません。そのため、勤務する曜日や時間帯が決まっている副業を行うのは難しいでしょう。

夜勤もある交代制勤務の看護師には在宅でできる仕事や働く時間帯の自由度が高い仕事がおすすめですが、具体的にどのような副業が考えられるのでしょうか。副業を行う上で気をつけたいポイントもご説明しますので、ぜひ参考にしてください。

1 夜勤もある看護師にはどのような副業がおすすめ?

夜勤もある看護師が副業で効率よく稼ぐためには、以下のポイントを押さえて仕事を探すと良いでしょう。

副業探しのポイント
・曜日や時間に関係なく柔軟に働ける
・平日にもニーズがある
・看護師の資格や自分の趣味・特技を活かす

日勤のみの看護師の場合、職場にもよりますが土日祝日の固定休で勤務時間帯も決まっていることが多いため、副業を行う場合でも「夜勤のみ」「土日祝日のみ」「平日夕方以降」といった働き方が可能です。

一方、夜勤もある看護師の場合は曜日による固定休はない場合が多く、シフトの入り方もさまざまです。また夜勤前の仮眠時間が必要な方も多いため、夜勤もある看護師は日勤の看護師よりも副業にあてることができる時間はどうしても少なくなりがちです。

そこで、冒頭に触れたポイントを抑えた夜勤もある看護師におすすめの副業について具体的に見ていきましょう。

2 勤務時間・曜日が不規則でもOK!資格を活かして自分のペースで稼げる副業2選

さまざまな種類の仕事がある中でも、夜勤もある看護師は時間が限られます。そこで、比較的高い時間単価を期待でき、時間や曜日を問わず資格を活かしながら自分のペースで行うことができる下記の2つがおすすめです。

・覆面調査に登録して病院や診療所などを評価
・クラウドソーシングで看護師資格を活かせる仕事を受注する

2-1 覆面調査に登録して病院や診療所などを評価

「自分が勤務する職場以外の病院や診療所などについて知りたい」という方や「基本は在宅で、1回あたり2~3時間程度の自宅外での勤務が可能」という方には、病院や診療所などの覆面調査(ミステリーショッパー)もおすすめです。(参考:日経メディカル 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ

施設やサービスの利用者としての目線と看護師としての考え方といった2つの視点から評価できるという特徴を活かして働くことができるでしょう。自分が勤務する職場以外の病院や診療所の様子を見ることができるので、業務効率化や患者さんに対するサービスなど、本業にも活かせるアイデアを得られるという点も魅力的です。

病院や診療所などの覆面調査では、報告書を自宅で作成することができます。しかし、実際に施設に足を運んで患者さんと同様に診察を受けたりサービス内容を確認したりする必要があるため、2~3時間程度は自宅外での仕事が発生してしまうことに注意が必要です。一方で、調査が実施されるのは平日の日中であることも多く、1回で済むことも少なくありません。本業のシフトに合った依頼を選べば無理なく働くことができるでしょう。

ただし医療業界はわりと狭い業界です。知り合いの看護師が働いているというケースもあるでしょう。覆面調査は調査をしていると気付かれないことも重要なポイントですので、「知り合いの看護師に会うのはちょっと…」という方は、該当する施設を避けたり自分が勤務しているエリア以外の地域での仕事を選んだりするなどといった工夫が必要です。

覆面調査のアルバイトでは1件につき1,000~5,000円ほど稼ぐことができます。病院や診療所の覆面調査は本業にも役立つ可能性が高いのでおすすめですが、ほかにもレストランやエステ、保険相談などといった分野の覆面調査もあります。プライベートの予定に上手く組み込むことができれば効率よく稼ぐことができるでしょう。(参考:求人ボックス 覆面調査 – 東京都の求人情報

2-2 クラウドソーシングで看護師資格を活かせる仕事を受注する

クラウドソーシングとは、企業や個人が不特定多数の方にインターネットを介して仕事を外注することができるシステムのことを指しています。「お金をかけずに完全在宅の仕事を始めたい」という方は、「クラウドワークス」「ランサーズ」といったクラウドソーシングのマッチングサイトを利用して仕事を探すことを検討してみましょう。(参照:クラウドワークス サービス紹介,ランサーズ

このようなサイトではプログラミングやデザイン、ライティングなど豊富な種類の仕事が取り扱われています。報酬額に応じた仲介手数料を支払わなければならないサイトがほとんどですが、取り扱われている案件も多く、自分に合った仕事を見つけやすいというメリットがあります。

クラウドソーシングのマッチングサイトでは、主に「タスク形式」「プロジェクト形式」「コンペ形式」といった仕事形式があります。タスク形式の仕事は少しの空き時間でもできますし、イラストやロゴの作成、新商品や会社名を考案するネーミングなどに自信があるという方はコンペ形式の仕事を見てみるのもよいでしょう。ただし、単発案件が多いため継続的に稼ぐのは難しいかもしれません。(参考:クラウドワークス 【共通】仕事の依頼形式について(プロジェクト形式、コンペ形式、タスク形式)

クラウドソーシングで初めて在宅ワークをするという方には継続案件も多いプロジェクト形式の仕事がおすすめです。なかには看護師としての知識を活用できるWeb記事のライティングや監修の仕事もあります。ほかのライティングの仕事と比べると高単価なケースが多いので、効率よく稼ぐことができるでしょう。

気になるクラウドソーシングでの副業収入ですが、引き受ける仕事の内容や量によります。自分の体験談など、誰にでも書きやすい記事を自分の都合に合わせて書くといった場合だと1ヶ月に数千~数万円の副業収入が期待できるでしょう。単価が高いものを効率よくこなせば1ヶ月に10万円以上を稼ぐことも可能です。

最初はクラウドソーシングにおける実績がないために、高単価の仕事を受注できないかもしれません。興味のある仕事に挑戦して実績を地道に積んでいくことが大切です。

また、看護師としての知識や経験を活かした仕事をしたいのであれば、プロフィールに「看護師資格所持」「文章執筆が得意」といった自分のアピールポイントを記載しておくとよいでしょう。「医療関係者限定」「看護師資格所持者限定」といった専門的な案件は比較的高収入に繋がりやすいので、積極的に応募することをおすすめします。

3 副業でさらに収入をアップしたい!とにかく稼ぎたい人にぴったりの副業3選

夜勤は大変だが、「もっと稼ぎたい!」という方も少なくないでしょう。日勤のみの看護師の場合「固定休や平日の勤務後に時給の高いアルバイトをする」という選択もできますが、夜勤もある看護師の場合はどのようにすれば副業で効率よく稼ぐことができるのでしょうか。

「副業でとにかく稼ぎたい!」と思っている交代制勤務の看護師には、看護師としての知識を活かした仕事や平日のニーズも高い仕事、高単価ながらも柔軟に働きやすい仕事がおすすめです。ここでは特に高い時間単価を期待できる3つご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

3-1 看護師としての知識やスキルをサービスとして販売

看護師という資格は誰もが手に入れられるものではありませんし、看護師として働くことで得られる知識やスキルは一朝一夕では身につきません。この強みを副業に上手に活かすことができれば、夜勤もある看護師でも効率よく稼ぐことができるでしょう。

例えば、知識やスキルの販売に特化しているスキルシェアサービスや自分の時間を販売できるタイムシェアサービスでは、「看護学生の勉強をサポートする」「看護に関わる方の相談にのる」「看護師のキャリアカウンセリングをする」といった看護師によるサービスが販売されています。

サービスを提供する相手の都合もあるので完全に自由に稼働時間を決められるというわけではありません。しかし、オンライン通話という手段をとったり自分のシフトに相手の予定を合わせてもらったりと比較的自由に働くことが可能です。

また、相手によっては平日のほうが都合がよいという場合もあります。特に自分と同じように交代制勤務で働く看護師が相手の場合は予定を合わせやすいでしょう。

スキルシェアサービスには「coconala(ココナラ)」など、タイムシェアサービスには「TIME TICKET(タイムチケット)」などといったサイトがあります。内容によって価格は異なりますが、看護師としての知識やスキルを活かしたサービスの場合、30分間で1,500円程度が相場のようです。(参照:coconala,TIME TICKET

すでに出品されている看護師の知識やスキルを活かしたサービスを参考にしながら、自分が取り組めそうなサービスを検討するとよいでしょう。

3-2 看護師としての経験を活かして講座を開く

看護師の資格や経験を活かしてさらに稼ぎたいという方は、「ストアカ」などの「教えたい人」と「学びたい人」を結びつけるマッチングサービスを利用して講座を開くのも1つの方法でしょう。特にほかの人に知識やスキルを教えることが好きな方や得意な方にはおすすめの副業です。

ストアカを利用して講座を開くと「自分が決めた1人あたりの受講費×受講者数」の収入を得ることができます。つまり1人あたり3,000円と設定した講義に10人の受講者がいれば3万円の売り上げになるというわけです。SNSやブログなどで告知して受講者数を増やし、1回の講座で効率よく稼ぎましょう。

ストアカを利用した場合、売り上げの10%~20%ほどを手数料としてストアカに納めなければなりませんが、先ほどのケースでは2万4,000円~2万7,000円ほどの収入になるのでかなり効率よく稼げるといえるでしょう。また、ストアカは受講費用の決済を代行してくれたり、複数の講座を管理してくれたりとサポートも充実しているのも嬉しいポイントですね。

ストアカの場合、基本的には受講者と実際に会って教えるという形式を採用しているため、会議室を借りたり資料の準備をしたりといった手間はかかります。しかし自分の都合に合わせて講座を開けるのは大きなメリットといえるでしょう。平日の日中に開く講座は、ほかの交代制勤務で働く看護師や看護学生も参加しやすいと考えられるのでニーズも高いのではないでしょうか。(参照:ストアカ SkypeやLINE等を使ったオンライン講座を開催することはできますか?

助産師や保健師といった資格もあわせ持っている方や認定看護師の方、1つの診療科目に精通している方などは自分が得意な分野に関する知識やスキルを教えるといった講座を開くことができるでしょう。看護師としてさまざまなキャリアを研究してきた方なら若手の看護師や看護学生向けのキャリアセミナーなどもおすすめです。

3-3 シフトが柔軟な家事代行もおすすめ

料理や掃除など、家事をするのが得意な方や好きな方は家事代行のアルバイトもおすすめです。「CaSy(カジー)」や「タスカジ」といった大手の家事代行サービスであれば、マニュアルや研修もあるので安心ですし、週1回2時間程度から働くことも可能です。(参照:CaSy 仕事内容,タスカジ

実際に利用者の方の自宅に足を運ばなければならないというデメリットはあるものの、「今週は忙しいから1回の勤務だけ、来週は時間をとれそうだから週3回は働こう」といったように勤務回数も柔軟に変えることができるというメリットもあります。

また、家事代行サービスは平日の日中にも需要があります。夜勤もある看護師はこれらの時間帯に働けるという点も大きなメリットといえるでしょう。

時給もほかのアルバイトと比べると高い傾向にあり、大手の家事代行サービスであれば初心者でも時給1,200~2,100円ほどの収入が見込めます。利用者の方からの指名があれば時給も上がるというケースもあるので頑張りがいがありますね。

また「看護師としての経験から健康的な食事を作れる」といった強みがある方も重用されるでしょう。家事に自信がある方や料理や掃除などをしているとストレス解消になるという方は一度経験してみてはいかがでしょうか。(参考:ANYLIFE 佐々木俊尚が迫る!看護師 × 家事代行の新しい働き方とは?

4 夜勤もある看護師の副業で気をつけるべき2つのポイント

夜勤もある看護師の副業をご紹介してきましたが、実際に副業を行う際にはどのような点に注意するとよいのでしょうか。注意したい2つのポイントについてご説明します。

4-1 本業に支障が出ないようにする

副業を行う上でまず重要なのが、本業に支障が出ない範囲で副業を行うことを心がけることです。

特に夜勤もある交代制勤務の看護師はただでさえ体内リズムが崩れやすく、体調管理が難しいとされています。本業に加えて副業も……となると、さらに体調を崩しやすくなる恐れがあり、本業に支障が出てしまうことも考えられます。本業の仕事を第一に考え、無理のない範囲で副業を行いましょう。

4-2 本業の職場には必ず確認を!

副業を行っている看護師も少なくありませんが、なかには副業が禁止されている職場もあります。たとえば国公立病院に勤務する看護師の場合は公務員の扱いとなるため副業することができません。

副業が禁止されていない場合でも「副業はしてもよいが特定分野の仕事はしてはいけない」といったルールがあるケースもあります。念のため職場に確認をとっておくと安心でしょう。

5 まとめ

夜勤もある看護師は日勤のみの看護師よりも副業にあてる時間が少ない傾向がありますが、在宅ワークやスキルシェアサービスなど柔軟に働くことができる副業もあります。看護師の資格や経験を活かせる仕事も少なくありませんし、初期費用をそれほどかけずに始めることができる仕事もありますので、自分が取り組みやすいものから挑戦してみることをおすすめします。

ただし本業に支障が出ない範囲で働くことが大切です。副業のしすぎで仮眠がとれなかったりストレスをためてしまったりしないよう、自分にとって適切な仕事量となっているか常に意識して副業に取り組み、本業では得られにくい体験やプラスの収入を手に入れましょう!