【プライマリーナーシングvsチームナーシング】自分にあった方式で働こう!

チームナーシング プライマリーナーシングチームナーシング プライマリーナーシング

【プライマリーナーシングvsチームナーシング】自分にあった方式で働こう!

病棟での看護師の働き方に大きく影響するのが、その病院や病棟で採用されている看護方式です。

今では病院や病棟ごとにさまざまな看護方式が採用されていますが、看護方式としてよく用いられているのが「チームナーシング」または「プライマリーナーシング」です。

経験の浅い看護師におすすめのキャリアアップルートは、まずチームナーシングの病院で経験を積み、自信が持てるようになったらプライマリーナーシングの病院へ転職し、さらに看護師としてのスキルアップを積むというルートです。

チームナーシングか、プライマリーナーシングか、今の自分にとってどちらを選択するかで看護師のスキルアップ、キャリアアップに大きく影響する可能性があるため、慎重に選ぶようにしましょう。

どちらの看護方式が良いのかは、看護師や患者さんの満足度や評価によるところが多いものの、着実にキャリアアップしていくためには、働きやすさや、やりがいを基準に判断すべきといえます。

今回はチームナーシングとプライマリーナーシングを比較しながら、筆者の経験を踏まえて、働きやすさや、sやりがいという基準を意識して解説していきます。
看護方式 メリット・デメリット
※チームナーシングとは一つの病棟に配置されている看護師を2つ以上のチームに分けて、そのチームメンバーのなかである一定の患者さんを受け持つ看護方式をいいます。

※プライマリーナーシングとは、一人の患者さんに対して一人の看護師が担当(プライマリーナース)として付き入院から退院までを受け持つ看護方式をいいます。

1 チームナーシングとプライマリーナーシングの違いとは

まずはチームナーシングとプライマリーナーシングの違いから解説します。

1-1 1患者さん対看護チームであるチームナーシング

チームナーシングとは、リーダーの下で看護師や准看護師、看護助手などがチームを作り、看護ケアにあたる看護方式です。

チームナーシングでは、チームリーダーである看護師を中心に構成されています。チームメンバーである看護師・看護補助者、そして病棟によってはそれ以外の他職種などをチームに入れて全体で患者さんを受け持ち、看護ケアを行っていきます。

どのようにチーム分けをするかもそれぞれの病棟により特徴があり、混合病棟なら診療科ごとに、さらに感染症・非感染症であったり、男性患者・女性患者などでチームが分けられているところもあるようです。

また、チームの継続期間も1年間というところが多いものの、なかには週単位・日単位で変化していくところもあり、チームナーシングの形態は非常にバラエティに富んでいます。

1-2 1患者さん対1看護師であるプライマリーナーシング

プライマリーナーシングとは、1人の患者さんに1人の看護師が入院から退院まで24時間責任を持って看護にあたる看護方式です。ただし、担当看護師が不在の時はアソシエイトナース(副担当のような役割)が看護にあたります。(参照:日看管会誌 看護方式の採用状況に関する調査

プライマリーナースは、患者さんの病状や治療目標に合わせた看護計画の立案から評価まで、一貫した看護を提供することが求められます。

ただし、プライマリーナースだからといって、患者が入院している間、毎日受け持つことは交代勤務のある病棟では不可能ですよね。

プライマリーナースが交代勤務のため休みで不在のときは、アソシエイトナースと呼ばれるサポートナースがプライマリーナースが立てた看護計画に沿って、その役割を担って看護を行う看護方式です。

2 看護師としての経験が浅い、コミュニケーションが苦ではないならチームナーシングがオススメ

チームナーシング最大のメリットは、ワークライフバランスを保ちやすく、チームで受け持つ患者さんに対して、ある一定水準の看護を提供できるという点です。若手のような経験が浅い看護師はチームナーシングがあっていると言えるでしょう。

一定水準の看護というのは、チーム内の看護師に看護能力の違いがあってもそれをチーム全体で補填できるということです。

一方でチームナーシングでは、チーム全体での看護ケアとなるため「この患者さんのケアに私が一番関与できた」という責任感や達成感が持ちにくいこと、それに伴うモチベーション維持が難しいことなどが挙げられます。

また、情報の受け渡しが多く、プライマリーナーシングに比べてコミュニケーションの量が多いという特徴があります。

また、患者さんや患者さんのご家族にとってはプライマリーナースのような担当看護師がいないため、入院中のことや退院後のことを気軽に相談できる人を持ちにくいこともあるでしょう。

いずれも経験豊富な看護師の方が影響が大きいため、経験豊富な方は次にあげるプライマリーナーシングがあうでしょう。

3 看護師として経験豊富で患者さん1人1人に寄り添った看護をしたいならプライマリーナーシングがオススメ

プライマリーナーシングが採用される最大の理由は、患者さんに対しての看護ケアを入院から退院まで一貫した継続性を持って提供できるということです。

患者さん一人一人に合わせた看護を個別に提供でき、患者さんの細かな病状や心理変化にも気付きやすくなります。

この継続性は、担当看護師として入院患者さんを退院時まで最後まで支えるモチベーションも維持でき、看護師のやりがいにも直結します。

患者さん目線からすると、経験豊富な看護師に一貫して継続して看てもらえるということは、入院の満足度も上がりやすくなるといえるでしょう。

また、プライマリーナースがつくために、看護の責任の所在も明確になり、患者さん側も何か不安や困ったことがあれば誰に聞けばいいのかが分かりやすくなります。

このように、プライマリーナーシングは経験豊富な看護師と相性が良い看護方式です。

4 メリットvsデメリットから自分にあった看護方式を見つけよう

チームナーシングとプライマリーナーシングのメリット・デメリットは相反するものとなります。そのため、どちらの看護方式で働くことがご自身にあっているかという視点でメリット・デメリットを吟味するようにしましょう。
看護方式 メリット・デメリット

4-1 医療の質の均一性vs看護の継続性のどちらを求めるか

チームナーシングは、一人の患者さんに対して一人の看護師がつくことによる、同一の看護が継続されにくい、看護師の経験や能力・スキルにより看護にばらつきが出てしまう可能性がある、という課題があります。

しかし、チーム内でそれらの課題を認識し、なるべく看護や医療の質の違いが出ないように、新人看護師を先輩看護師が手厚くフォローするなどして、ある一定水準の看護や医療を提供することができます。

他方、プライマリーナーシングでは、患者さんと看護師の主に一対一の関係を作るメリットがあり、看護ケアに客観的な視点が入るようにアソシエイトナースの役割があるものの、属人的ではあるものの継続した看護を実践することができます。

チームナーシングだとプライマリーナーシングよりも多くの看護師の視点や考え方を学ぶことができるため、経験がまだ浅いと看護師にはチームナーシングがあっていると言えるでしょう。

また、チームでカンファレンスを重ねながら、ある特定の目標を掲げてチーム一丸となって仕事ができることで、看護師一人一人のモチベーションも維持でき、やりがいや仕事の達成感も抱きやすい傾向があります。

プライマリーナーシングでは、これまでの看護経験を活かし、1人1人の患者さんにより深く、継続した看護を行うことができます。

これまでリーダー経験や委員会の経験などある程度経験を重ねてきた看護師には、ご自身の経験を活かして、患者さんに寄り添った看護ができるプライマリーナーシングがあっていると言えるでしょう。

4-2 仕事とワークワイフバランスのどちらを重視するか

チームナーシングであれば、ある特定の患者さんケアにプライマリーナースほどの責任意識やプレッシャーを感じることはないといえます。

もちろんチームナーシングでもその日の受け持ち患者さんに対しては責任を持って看護ケアを行うのは当然のことです。

しかし、入院から退院まで一人の患者さんに関わるプライマリーナースと比較すると、やはり精神的な負担や責任を強く感じることは多くはないといえます。

そのため、仕事で抱きがちな看護のプレッシャーやストレスを私生活に持ち込む機会も減り、よりワークライフバランスを重視して働くことができます。

他方、プライマリーナーシングにおいては患者さんケアに対する責任意識が強くなり、プライマリーナースはときにストレスを感じやすくなることがあります。それらのストレスが私生活にも影響を及ぼすことも少なくありません。

また、プライマリーナーシングであると患者さんの病状や入院状況から長期休暇を取りづらいタイミングもあるかもしれません。

例えば、育児がひと段落し、仕事に打ち込みたいと考えている方はそれまでの経験も活かしてプライマリーナーシングを採用する病院で働くと相性が良いでしょう。

他方、これから育児と仕事の両立をしたいと考えている方はチームナーシングを採用する病院で働くことが相性が良いといえるでしょう。

5 まとめ

病院で働く看護師にとって、働く病棟がどのような看護方式を採用しているのかで、看護師の働き方にも大きく影響してきます。

チームナーシング・プライマリーナーシング、またそのほかの看護方式であっても、診療報酬制度の影響を受けていることも理解しながら、とくに看護師が病院に就職・転職する際にはどの看護方式かをしっかりと把握することが大切です。

自分がどのような働き方をしたいのか、チームナーシングの体制で働きたいのかなど明確にして就職・転職活動をすることで、働き方にミスマッチの少ない病棟で働く可能性を高めることができるといえるでしょう。

訪問看護をやってみたい。やりたい看護がある。そう思う人こそリカバリーに来てほしい。

「自分の大切な人を看るように、利用者様やご家族と関わる」

訪問看護ステーション リカバリーは、創業からこの思いを持ち、
利用者様やご家族にとって「もうひとりの温かい家族」のような存在として、
在宅での療養生活をお手伝いさせていただいています。

「あなたが来てくれると安心する」
「おうちで過ごせてよかった」

1人でも多くの利用者様の「家に帰りたい」という思いを叶えるため、
「もうひとりの温かい家族」という思いに共感してくれる看護師の方、
わたしたちと一緒に働きませんか?