3年目看護師が転職すべきでない2つの理由と3つのメリット

看護師 3年目 辞めたい看護師 3年目 辞めたい

3年目看護師が転職すべきでない2つの理由と3つのメリット

看護師3年目は周りが見えてくる時期です。石の上にも3年という言葉がありますが、もう辞めたいと悩んでいませんか?しかし3年目の看護師が辞めるという選択は、一番損する転職と言われているんです。なぜなら、最初の就業先で3年間続けた場合とそうでない場合では、様々な面で雲泥の差があるからです。給与の差額が50万円以上出てしまったり、転職の幅が狭まるなどが生じます。損しないためにも、ここでは3年間続けるべき理由と、メリットをお伝えします。読み終えれば今はぐっとこらえて頑張ろうと思って頂けます。そして、一番ベストな5年目7月という最高のタイミングまで待とうという気持ちになるはずです。但し、どうしても続けれらないという方には、4章でアドバイスをしていますので、ご安心ください。

1.3年目看護師が転職すべきでない2つの理由

日本看護協会の調査によると看護師の10%以上が毎年転職しており、3年目の看護師も例外ではありません。仕事に少し慣れてきた時期でもあり、周囲の就業環境と比べる機会も多くなります。しかし、3年目まで頑張った看護師は絶対に転職すべきでない理由が2つあります。

1-1 3年間やりきった場合と、3年目で転職した場合では月給2.5万円も差がある。

看護師1~3年目の月給平均は29.8万円になります。そして4年目の看護師の月給平均は32.2万円になっています。その差は月給だけで2.5万円になります。単純計算で年収30万円の差が生まれます。その他残業手当、夜勤手当、賞与なども影響するため50万円以上の差が生じると想定されます。

なぜその違いが生まれるのか?

それはプリセプター経験の有無と、看護師は3年間業務をしたという経験が看護師1人前としての一つの区切りになるからです。3年目で転職した場合、次の就業先での給与スタートの水準は、4年目の給与に該当しなくなります。どうしても経験が浅い看護師という評価となり、損をしてしまうことになります。また多くの病院では3年以上の勤務から退職金規定を定めています。額は病院によって様々ですが、基本給の〇か月分と定めているため、3年間勤務すべき理由のもう一つになります。

1-2 3年目で転職した場合、その後の転職で苦労する確率が上がります。

3年目で転職後、再度転職を試みた場合求人数が半分以下に減少することが大きな理由です。これまで数々の看護師と会い、さらに大手人材紹介会社からのヒアリング経験から、3年目看護師の転職は給与ダウン以外にもその後の転職で苦労するというデメリットがあります。1つ目の苦労は3年目で転職後の求人数が半減するというもの。もう一つは2人に1人が転職に失敗するというものです。

転職後のヒアリング統計

         (看護師100人のヒアリング・大手紹介会社5社のヒアリング統計)

半分以上の看護師が転職に失敗をして、その内の25%は再度転職活動を行っています。その場合3年未満の経験で2回目の転職先は幅がグッと狭まると言われています。また採用する病院や施設は「すぐ辞めてしまうのではないか?」と警戒心を持ってしまう可能性もあります。看護師が他の職種で働こうとする方は非常に少ないです。看護師としてのキャリアや可能性を拡げるためにも3年間最初の病院で働くという選択が最も重要になります。

2.3年間看護師として働き続ける最大のメリット

就職した病院で3年間看護師として働くことのメリットは大きく分けて3つあります。それは、①プリセプターの経験、②看護師としての必要なスキルの習得、③リーダー業務が自分に適性があるかどうか考える期間を得られることです。特にリーダー業務は看護師として、病院以外の業務を行う場合においてもリーダーシップを発揮する場合に必要なスキルです。

看護師として3年間働ききることは、プラス面が大きいです。意外かもしれませんが、多くの看護師がメリットと捉えていることですので、一つずつ説明していきます。

2-1 プリセプター経験は生涯の財産、スキル・人間性が格段に上がります!

プリセプターを行うことは、教える技術が身に着くと共に自身のスキルアップになります。転職した場合は、プリセプター経験ができないことが多いため、絶対経験したほうが人間性、看護観の向上に繋がります。そして転職の際にも有利な経験になります。

看護師3年目は必ずプリセプター業務を行います。多くの看護師はプリセプター業務の印象を「人に教えるのは大変だし、面倒」「〇〇先輩のように教える自信がない」「プリセプティと性格が合わなかったらどうしよう」と考えてしまいます。ではプリセプターを実践した看護師はどうか、私の事例を含めて記載しました。

2-1-1 循環器病棟で働いていたキャリア志向の高い看護師の事例

徐々に患者さんの看護ができるようになってきました。私もまだ3年目であり知識や技術が乏しい中プリセプティへ十分な指導が行えるか不安でしたが、教えることで復習にもなり自信にもなりました。共に成長することができました。疾患への理解が深まったと共に、循環器への興味がより一層沸き、もっと専門性を高めようと心臓外科も対応している病院への転職を行いました。

2-1-2 消化器外科病棟で働いていた当社看護師の事例

プリセプターという役割を担うようになり教えることの難しさと自分の未熟さを痛感しました。プリセプティと共に成長する機会であり日々の学びを大事にしました。不安と緊張でいっぱいだった新人の頃を思い出し、精神的なサポートも行うことができ、1年間充実することができました。自分が学んだ2年間とは比べ物にならない成長となりました。外科病棟で素早く、丁寧にが重視される中で、教えることで復習のいい機会にもなりました。3年間頑張った自分に自信がもてて、不安ではありましたが訪問看護という目標に進もうと考えるきっかけになりました。

2-1-3 手術室看護師3年目であった私の事例

自分のプリセプティ時代を振り返り、どのように教えたら理解しやすいだろうかと日々考えました。手術室看護師として、患者さんが安心して手術を受けるための援助や、手術が円滑に行えるための知識・技術を考え直すいい機会になりました。自分が行うことと、教えることの違いを学び、かけがえのない時間でした。プリセプターとプリセプティの関係ではありますが、一生の仲間としての関係が構築できました。今は別々の場所では働くことになりましたが、連絡などは取り合う関係は続いています。看護師として自分に自信が持てませんでしたが、この経験で自信を持ち、仕事を続けることができました。

プリセプターを経験したほとんどの看護師は、上記のような感想をもっています。また看護師としての次のキャリアに繋がったり、転職にも大きなプラスになっています。看護師として多くの学びと、貴重な経験ができるのもこの3年目になりますので、必ずプリセプター経験を経ていきましょう。

2-2 看護師としてのスキルが最低限つく

3年間働いた多くの看護師は自信があります。その理由は最低限の看護師としてのスキルが身についていることが理由になります。

・入退院の対応やクレーム処理

・点滴や採血、内服薬の管理

・リスクマネイジメント

・医師への報告・連絡・相談

・褥瘡管理や環境整備

・呼吸器管理やモニター管理などの医療機器の理解

これら看護師としてのスキルを3年目には持ち合わせる状況になります。今後使わないとしても、経験とスキルは絶対の自信となり、看護師人生のプラスになります。

2-3 3年の勤務はリーダー業務を担うチャンスになる!

看護師を3年間続けることのメリットは、4年目移行にリーダー業務にチャレンジできる条件を満たすという意味で、とても重要です。「リーダー業務なんてやりたくない!」という声も聞かれそうですが、リーダー業務経験は、普段の業務を円滑にこなせるだけの経験値が養われるだけでなく、転職や異動の際にも必ずプラスの要因(給与アップやプラスの評価を持って入社・配属ができる)に働く面から、ぜひチャレンジしてほしいと思います。良くも悪くも年功序列な風潮が残る医療業界では、後輩を育成したり、まとめ役をしたりするリーダー業務は年齢と共に求められ、4年目には、ほとんどの看護師がリーダーを任される傾向があります。3年目で退職すると、次の就職先で「リーダー業務をやってみたい」と思ったとしても、リーダーになれるのはそこから更に3年経たないと難しいでしょう。リーダーになれるだけの経験と素質があっても、1つの医療機関で3年の経験があるかどうかが、リーダーになるための1つの指標としている医療機関が多いからです。
リーダー業務を引き受けると、上司からの期待も大きくなり、精神的な負担も感じるかもしれません。向き不向きもあります。しかし、3年目看護師は上司の仕事を間近に見られる機会も多いため、自身のリーダーとしての適正があるかどうかを上司の動きを見ながら見極めつつ、ぜひリーダー業務にチャレンジするために、3年間は頑張って看護師を続けてほしいと思います。

3 実際の転職はいつすべきなの?転職の先輩に聞いてみた。

3年目は転職しないことが理想とわかったけど、実際いつ転職すべきでしょうか?それは5年目7月です。その理由を細かく説明します。ただ転職を念頭に入れても実際は転職しないことが大事でもあるため詳しく説明します。

3-1 一番転職すべき時期?それは看護師5年目7月!

3年間頑張った看護師が転職すべき一番最適で最短な時期は5年目の7月です。なぜなら、夏の賞与をもらえる時期だからです。多くの病院は賞与が夏と冬にあります。そのため賞与支給後の7月が一番のタイミングになります。そして、7月がいい理由は有給休暇を使いやすいからです。12月や4月に転職する看護師が多いですが、12月はイメージできるように年末に休みが集中しやすく、この時期に退職も嫌がられるのに、有給休暇を取るのは至難の業です。4月は新入職者が多くて、病棟が忙しい時期でもあるし、人事異動で上司が変わる可能性もありおススメできません。有給休暇取得は12月以上にハードルが高くなってしまいます。また、もう2か月働けば賞与という期間でもあるので、7月という選択肢が一番になります。また1.1にあるように退職金の額も4年間と5年目では額が異なるというのも大きな理由になります。

また5年目の転職は「看護師5年目転職すべき2つの理由、転職にまつわる5つの悩みと解決策」に理由も詳しく書いてありますので、是非参考にしてみてください。

3-2転職はしないほうがいい?実は同じ病院で続けるのが一番の得策!

看護師は現在「売り手市場」です。なぜなら、エージェントが親切丁寧に紹介してくれます。また、どの病院や施設も人材不足に陥っているからです。だからといって転職するのは時期尚早です。転職のデメリットは

・人間関係を1から構築しないといけない

・住宅ローンなどの審査が通りにくくなる

・転職直後は給与が下がることが多い

・新たに覚えることが多くなる 

など割と多くあります。実際1つの職場で働いたほうが、管理職になりやすかったり、給与が一定で昇給したり、前述の退職金が増えたりとメリットが多くあります。理想は新卒での病院でのキャリア形成が一番です。人間関係で悩む看護師が多いですが、異動という手を見逃しがちです。学びたい診療科がない、病院以外で働きたいなどの要望があれば別ですが、それ以外で解決できることがあれば努力して、継続することが一番になります。

 

4 どうしても3年目で辞めたい方へのアドバイス

基本的には3年目は辞めるべきではありません。5年目7月まで我慢するメリットが大きいからです。そして続けたことでプリセプターやリーダー業務など身に着くスキルや経験が詰めるからです。でもどうしても人間関係の悩みや、学びたいことがある場合は3年目で決断しても転職先は無数にあります。その際に注意するポイントがあります。それは安易に転職先を決めないことです。1-2にあるように、転職は半分以上の看護師が失敗しています。3年目看護師は「売り手市場」のこともあり、転職先は容易に見つかります。面倒だからといって、考えないで決めると現在と同じような状況になります。そのためには、可能なら面接だけでなく、体験や病院見学や施設見学を行いましょう。内部の実情を理解しないまま入職してしまうことはリスクになります。可能な限り情報収集すると共に1つではなく複数から選択するようにしましょう。転職は精神的にも、肉体的にも負荷が大きいです。同じことを繰り返さないためにも最低限で済むようにできる限りの努力を行うようにしましょう。

さいごに繰り返しになりますが、看護師3年目は踏ん張って、頑張るべき時期になります。ここでの数か月は将来に大きく関わる期間でもあるためです。お金でもキャリアでも今後の看護師人生でも重要な時期でもあります。5年目7月という最高の瞬間に転職、あるいは今の病院でキャリアを積むという重要な選択を是非して下さい!